2017年06月19日

何故かネガティヴなイメージから入ってしまいます BLACK 'N BLUE

このバンドを語る時、メジャーからアルバムを4枚発表したにも関わらず全くブレイクしなかったという、何故かネガティヴなイメージから入ってしまいます。

そのバンドである BLACK 'N BLUE の3枚目となる 「NASTY NASTY」 のプロデューサーはなんと、ジーン・シモンズ。元々KISS のASYLUM TOUR のサポートとして同行したのが縁で起用されたんでしょう。

1作目がディーダー・ダークス、2作目がブルース・フェイバーンと大物プロデューサーを起用してもアルバム・セールスが伸びなかった反省から、彼らの本質であるR&R を最大限に引き出してくれる事を期待して、ジーンに声をかけたと思われます。

ただ、ジーンのプロデュース方針は A.徹底的にヘヴィなサウンド一本鎗で勝負 B.豪華ゲストを迎えて絢爛豪華な作品を の2パターンのどちらかなのです。個人的にはA に該当するEZO、KEEL 「THE RIGHT TO ROCK」 ウエンディ・O・ウイリアムス 「WOW」 らの作風が好きなんですが、残念ながら本作はB のパターンでの作風に、うーん。

@ABはジーンのクレジットも見受けられることから、まさにKISS を想起させる楽曲だ。特に@の後半にはKISS の「Only You」 のリフがいきなり挿入されててビックリ。

ポップでメロディアスなFはアルバム内で妙に1曲だけ浮いてるんですが、この曲だけプロデューサーはJOURNEY のジョナサン・ケインが担当。しかも全曲中この曲が一番イイのだ (笑)

Hではゲストにピーター・クリス、ロン・キールがバック・コーラスで参加。ウイスキー焼けしたピーターのソウルフルな声とけたたましいロン・キールのシャウトが目立つ目立つ。

全体の作風からイメージすると、本作はKEEL の「THE FINAL FRONTIEA」 に雰囲気に酷似している事実に気が付きます。ただ、 " Because the Night " や " Tears of Fire " などのKILLER な楽曲が無い分、「NASTY NASTY」 はインパクトの弱い作品と位置付けられてしまったのではないでしょうか?

ポートランドから鳴り物入りでLA に移住した彼らは非常に期待されていたバンドだったのですが、作品を発表するごとにバンドの音のイメージが変わってしまうマイナス点や、インパクトのある名曲を書くことが出来なかった事実が最後までブレイクを阻んだ原因だと思います。

解散後角メンバー達が立ち上げたバンドも残念ながら全く話題になりませんでしたし。唯一、トミー・セイヤーがKISS に加入出来たのが救いですね。


Bi9XTxZxwzDQQFRCU2yE_EiDq1oOp9dDpiOd1yuPdTl7BVI6NwPeHT4TZTOC01sFHqrJ7as84TELpL_J_P4_F1twWFfX3DYM9Lb7aV_rFy5HI5_0B.jpg


NASTY NASTY / BLACK 'N BLUE(1986)

@Nasty Nasty
AI Want it All(I Want it Now)
BDoes She or Dosen't She
CKiss of Death
D12 O'clock High
EDo What You Wanna Do
FI'll Be There for You
GRules
HBest in the West


歴史的インパクト  個人的思い入れ 
ジャケット・デザイン  レア度 ★★★
イチ押しポイント 彼らの作品中、最もハードです。


宜しければワンクリックを ↓

にほんブログ村





posted by ハムバッカー at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

ヒゲを生やしたその顔がちょっと気持ち悪い TREASURE

64年にニューヨークで結成され 「People Got to be Free」「Groovin'」 など多くの楽曲をビルボード・チャートのNo.1に送り出したTHE RASCALS は、白人による黒人音楽を継承するブルー・アイド・ソウルを基盤としたバンドです。

中心人物であったヴォーカリスト、フェリックス・キャバリエはTHE RASCALS 解散後にソロ・アルバムを発表。そして77年に本バンドTREASURE を結成します。

まあ、ここまで書くとHR/HM にはあまり関係無いんじゃない? と思うのですが、このバンドにギタリストとして参加しているのが、その後KISS 〜 VINNIE VINCENT INVASION を結成するヴィニー・ヴィンセントなのです。

ヴィニーといえば、KISS 加入後にその卓越したソング・ライティングで低迷していたバンドを浮上させ、またフラッシーなギター・スタイルは当時のLAメタルのシーンに負けないテクニックを持ち、KISS を同じ土俵で共存させる力を授与しました。

そのヴィニーのキャリアの振り出しとなった本バンドの加入の経緯は詳しくわかりませんが、きっとニューヨーク近辺の人脈から選ばれたのでしょう。この頃は本名のヴィニー・クサノを名乗っており、裏ジャケの写真を見るとヒゲを生やしたその顔がちょっと気持ち悪い。(笑)

アルバムは全編AORっぽいポップなサウンドで占められていて、その中でヴィニーのギター・プレイもメロディアスなソロを弾いてます。さすがにKISS、VVI の頃みたいに狂ったようなマシンガン・ピッキングでは弾けずとても控えめですが、@のソロのフィードバックを聴くと一瞬、ヴィニーらしさを垣間見ることが出来ますよ。

またAやFも彼の単独ペンで書かれた曲で、アレンジによっては十分ハード・ロックに変えられるナイスな曲であり、ソングライティングのセンスを感じさせます。

結論本作はフェリックスのキャリにおいてもさほど影響の無い作品であり、ヴィニー自身もその後フィリックスのソロ作品でギターをプレイするもパッとせず、KISS に加入するまでの82年までは成功を夢見て安アパートの床に直接寝るような生活を送るのですが、彼の黎明期を知ることが出来る貴重な作品であることは間違いありません。

我の強さからバンドを崩壊させてきたヴィニーは一体今何をしているのでしょうか? 才能あるミュージシャンなので彼の復活をぜひ、期待したいのですが。


51xAID3hNSL__SY355_.jpg



TREASURE/TREASURE (1977)

@I Wanna Love You
AInnocent Eyes
BLove Me Tonight
CJubilation
DWhen the Sun Shines
EMy Lady Once Told Me
FTurn Yourself Around
GThink It's Love
HTreasure


歴史的インパクト  個人的思い入れ ★★
ジャケット・デザイン ★★ レア度 ★★★
イチ押しポイント KISS ファンだけでなくメロハー好きの方も是非聴いてくれぃ


宜しければワンクリックを ↓

にほんブログ村





posted by ハムバッカー at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

すれっからしのルックスはどストライク GIRLSCHOOL

今ではHM/HR の世界でも女性が当たり前のように活躍してますが、NWOBHMの嵐が吹き荒れる79年にイギリス・ロンドンからデビューを飾ったGIRLSCHOOL は、女性初の本格的メタル・バンドだったんじゃないでしょうか?

彼女らのデビュー前にはRUNAWAYS、SUZI QUATRO などもいましたが、どっちかというと女性らしさを前面に出したビジュアル優先のイメージが強く、男性と対等なイメージをまとったGIRLSCHOOL のデビューは驚きでした。

デニム&レザーを信条とする彼女らが目標としたのはズバリ、MOTORHEAD。 実際、MOTORHEAD のマネージャーであるダグラス・スミスの仲立ちでGIRLSCHOOL はMOTORHEAD の全英ツアーのサポートに起用され、そして彼らが所属するBronze レーベルに引き入れて、MOTORHEAD の妹分バンドとして売り出したのです。

「ACE OF SPADES」 のプロデューサー、ヴィック・メイルを迎えて制作された彼女らのデビュー・アルバム 「DEMOLITION」 は、まさに小型MOTORHEAD。@の小気味良い疾走感はあの名曲 " Motorhead " を彷彿させます。キム・マコーリフの投げやりというか、突き放す感じのヴォーカルが刺激的だ。

70年に登場したガービッツ兄弟率いるGUN のカバーBは意外な選曲。オリジナルの異様な雰囲気とは趣を変えたストレートなサウンド・メイキングはなかなか好感が持てます。

その後MOTORHEAD も取り上げるG (エニッドのヴォーカルは意外にキュートだ) をはじめ、全編リフ&リフのNWOBHM ど真ん中の楽曲満載で、女性のバンドながら男臭さがプンプンと漂ってくる感じ。個人的にはレスポール・ゴールドトップをかきむしるケリー・ジョンソンのすれっからしのルックスはどストライク。たまりません。 (笑)

フロントマンの3人ともヴォーカルを取れることが強みで、決してテクニック的には特筆するものは無いけど突き抜けるようなビートは実にカッコよく、その姿は後続の女性バンド達に希望を与えました。そして兄貴分のMOTORHEAD のブレイクと比例するごとく、成長曲線を上げていきます。

81年にセカンドアルバムを発表。そして同年8月に開催された第21回レディング・フェスティバルの初日のトリを務め、名実ともにNWOBHM のバンドとして頭角を表していくのです。


MI0003365302.jpg


DEMOLITION / GIRLSCHOOL(1980)

@Demotition Boys
ANot for Sale
BRace with the Devil
CTake it All Away
DNothing to Lose
EBreakdown
FMidnight Ride
GEmergency
HBaby Doll
IDeadline


歴史的インパクト ★★ 個人的思い入れ ★★
ジャケット・デザイン  レア度 ★★
イチ押しポイント 小気味良い疾走感はまさにMOTORHEAD


宜しければワンクリックを ↓

にほんブログ村




posted by ハムバッカー at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月24日

70年以降にハード・ロック界の核となる人物ばかりで LORD SUTCH

バンド活動が50年代の終わり頃だという、THE BEATLES や THE ROLLING STONES らと同世代に当たるロード・サッチは、自身のバック・バンドから多くのミュージシャンを輩出しました。

彼のバンドに在籍していたミュージシャンをざっと挙げると、リッチー・ブラックモア (DEEP PURPLE/RAINBOW) ジミー・ペイジ (LED ZEPPELIN) ニッキー・ホプキンス (JEFF BECK/STEVE MILLER) ノエル・レディング (JIMI HENDLIX) マシュー・フィッシャー (PROCOL HALUM) など、70年以降にハード・ロック界の核となる人物ばかりで、サッチには良いミュージシャンを見分ける目があったのでしょう。

サッチのステージは吸血鬼のごとく棺桶から登場し、白塗りの顔に緑色に染められた髪のいで立ちなど、現代ショック・ロックの元祖と呼ばれており、そのスタイルは後にアメリカのALICE COOPER やKISS などに引き継がれたのではないでしょうか。

そういった個性を売りに、60年代初頭には英国で一番稼いでいたバンドだと呼ばれ、60年代中期に勢いそのままにアメリカ制覇を目論み全米に渡ったが見事撃沈。そそくさと英国に戻り、地道にクラブ回りをしていたそうです。

そして70年に有名になった元メンバーたちを集め、本作 「LORD SUTCH AND HEAVY FRIENDS」 を発表。参加ミュージシャンはジミー・ペイジ、キース・ムーン、ジェフ・ベック、ノエル・レディング、ニッキー・ホプキンスとまさに豪華絢爛だ。

プロデューサー&バック・バンドとして参加したジミー・ペイジはノー・クレジットを条件にこの仕事を引き受けたが、なんとアルバムが発表されたらジャケット表側には堂々と 「ジミー・ペイジ」 と書かれ、裏ジャケには本作セッション中のジミーの写真がデーンと載っていて、それを見たジミーがひっくり返ったとの逸話が。(笑)

冒頭の@からジョン・ボーナムのパワフルなドラミングとジミー・ペイジの癖のあるギターが一聴して耳に飛び込んできます。ZEPP の作品と比較するとずいぶんラフなプレイですが、実にカッコいい!

ジミーの真骨頂である浮遊するようなワウ・プレイから始まり、突然攻撃的なリフが耳をつんざくAはKINKS の 「All Days and All of the Night」 を彷彿させます。

BO DIDDLEY 風のB、CHUCK BERRY のパロディのようなGもありますが、ジェフ・ベックが参加したCは、ジミーとは明らかに違うギター・プレイを聴くことが出来ます。こちらはまた個性的でイイんです。ジミーのプレイと聴き比べてみるのも面白いですよ。

彼らバック・バンドのサウンドを聴いているだけでも、非常にワクワクします。肝心のサッチのヴォーカルはガナり立て叫ぶばかりで、特筆すべき点はあまり無いんですが。何とも言えない 「ヒャ〜」 というシャウトが結構耳に残る程度か。

それを裏付けるように、80年に本作が再発された際にはアルバム・ジャケットも変更されて、何故かジミー・ペイジ&ジェフ・ベック名義の作品として発表。サッチの名前はどこへやら?? うーん、悲しすぎるぞ。

本作は珍盤の部類に入るんじゃないんでしょうか? しかし、ジミー・ペイジのファンでしたら演奏のみを聴いてるだけでも十分楽しめる作品ですよ!



61EFJHJ0MTL__SY355_.jpg


LORD SUTCH AND HEAVY FRIENDS / LORD SUTCH (1970)

@Walking Sounds
ACause I Love You
BFlashing Lights
CGutty Guitar
DWould You Believe
ESmoke and Fire
FThumping Beat
GUnion Jack Car
HOne for You, Baby
IL・O・N・D・O・N
JBrightest Light
KBaby, Come Back


歴史的インパクト ★★ 個人的思い入れ ★★
ジャケット・デザイン ★★★ レア度 ★★★
イチ押しポイント 70年代の巨匠達のプレイは最高!


宜しければワンクリックを ↓

にほんブログ村




posted by ハムバッカー at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月16日

アゲまんバンドという言い方も裏を返せば PERSIAN RISK

そのバンドに在籍していたメンバーが何故か出世する、いわゆるアゲまんと呼ばれるバンドは色々とあります。アメリカではLONDONや ROUGH CUTT、イギリスではTYTAN など。

ちょっとマイナーではありますが、イギリスのPERSIAN RISK も、その部類に入るんじゃないでしょうか?

このバンドはNWOBHM 黎明期である79年に結成。ジョン・デヴィリル(TYGERS OF PAN TANG) フィル・キャンベル(MOTORHEAD) カール・センタンス(KROKUS) という渋い実力派ミュージシャン達を輩出、。初のフル・アルバムとなる本作は、結成からだいぶ経った86年に発表、既にジョン・デヴァリルは脱退しており、フィルとカールは在籍しています。

NWOBHM からまず連想するのは、リフまたリフの嵐という形態ですが、このバンド意外にメロディアスな方向を指針しており、Aなんかはアメリカンのバンド? と思わせるポップでメロディアス。コーラスやキラキラしたアルペシオが綺麗です。カール・センタンスの癖の無い歌い上げるヴォーカル・スタイルは非常に耳障りが良いです。

タイトル・トラックのBやDは一転、ヘヴィなリフが炸裂するハードなサウンドだ。しかし、サビがポップで英国っぽくないなー。

このバンドはFに代表されるように、いくらリフがへヴィでもカール・センタンスの歌メロが入ってくると、実にポップになるんですよ。本作が発表された86年は既にNWOBHM は壊滅的で、HR/HM のトレンドの主導権がアメリカに渡っていた事実も、彼らのサウンド・メイキングに少し影響していたのではないでしょうか?

その後MOTORHEAD に加入してレミーの片腕となるフィル・キャンベルのギターも、本作では全然彼らしくない没個性的ですし‥。

英国のバンドという事実を置いといて聴くと、メロディアス・ハード的な好盤と呼ばれる事に納得がいきます。しかし、個人的にブリティッシュ・ロックはもう少し湿り気のある、誇り高きサウンドであって欲しいのですが。

最初に書いたアゲまんバンドという言い方も、裏を返せば実力ミュージシャンが踏み台としていったバンドとも取れるんですよ。う〜ん。


R-3783426-1344251057-5548_jpeg.jpg


RISE UP / PERSIAN RISK (1986)

@Hold the Line
AJane
BRise Up
CBrave New World
DDon't Turn Around
ESky's Falling Down
FBreak Free
GDark Tower
HRip it Up
IWoman and Rock
JToo Different *
KSky's Falling Down *
LDark Tower *

* CD BONUS TRUCK


歴史的インパクト  個人的思い入れ 
ジャケット・デザイン  レア度 ★★★
イチ押しポイント 英国という先入観を捨てて聴けばイイかも。


宜しければワンクリックを ↓

にほんブログ村




posted by ハムバッカー at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする