2016年01月11日

追悼 DAVID BOWIE

60年後半より活動を続けてきたデヴィッド・ボウイが、癌のため1月10日に亡くなりました。享年69歳。

HR/HM 畑のミュージシャンではありませんが、グラム・ロックを代表する存在であり、「Space Oddity」「The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars」 などの作品は、意外なほど多くのメタル・ミュージシャンらに影響を与えております。

フレディ・マーキュリー、イギー・ポップ、ミック・ジャガーなど、様々なタイプの大物達との共演も、彼だから出来たのではないでしょうか。

2000年に入ってからは活動が滞っていたので、どうしたんだろうかと思ってましたが‥。

最近はこの年代の方々が次々にお亡くなりになり、個人的にとても寂しいです。安らかにお眠り下さい。 R.I.P.


yjimageDXLI0XLY.jpg


宜しければワンクリックを ↓

にほんブログ村




posted by ハムバッカー at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | RIP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月13日

追悼 PHIL "ANIMAL" TAYLOR

元MOTORHEAD のドラマー、フィル・アニマル・テイラーが11日に亡くなりました。享年61歳、死因は不明。

レミー、エディと共にMOTORHEAD の黄金期を支え、直線的でパワフルなドラミングとその破天荒な性格は稀代のドラマーと呼ぶに相応しい男でした。

2014年のMOTORHEAD イギリス・バーミンガム公演ではエディと共にステージに立ち、久々の黄金トリオ再編か! と思わせましたが、当日はドラムを叩きませんでした。病気療養していたとの噂もあったんですが‥。

この3人でのライヴをいつかリユニオンで観たいと思ってたのですが、叶わぬ夢となってしまいました。

大酒飲みで、子供のように無邪気な愛すべきドラマー、永遠なれ! R.I.P.




posted by ハムバッカー at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | RIP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月26日

追悼 JACK BRUCE

元CREAM のベーシスト、ジャック・ブルースが25日に肝臓障害にて亡くなりました。享年71歳。

「ベーシストはヴォーカルやギターの後ろに立って、コードを弾いてればいいんだ。」 というイメージを覆す、テクニカルかつメロディアスなリード・ベースを実践した最初のロック・ベーシストでした。Gibson EB-3 を弾く姿は、最高にクールですね。

ティム・ボガード、フェリックス・パッパルディ、ビリー・シーンなど、一流ベーシスト達にも多大な影響を与えたそのテクニックは、今でも他の追随を許しません。

しかし、薬物への依存や、エリック・クラプトン、LED ZEPPELIN をこき下ろす言動で物議を醸し出すなど、かなりお騒がせな人物でもありました。

以前に肝臓癌にて肝臓移植をしたとのニュースを聞いて、ちょっと心配してたのですが‥。

私は彼のベース・プレイはもちろんのこと、味わい深いジャックのヴォーカルが大好きでした。

安らかに眠り下さい。R.I.P.


t02200282_0311039911276393468.jpg


宜しければワンクリックを ↓

にほんブログ村





posted by ハムバッカー at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | RIP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月02日

追悼 JIMI JAMISON

SURVIVOR のヴォーカリストであったジミ・ジェイミソンが、8月31日に心臓発作のためメンフィスの自宅で亡くなりました。享年63歳。

TARGET,COBRA 等のバンドを経て、" Eye of the Tiger " のビッグ・ヒットで一躍有名となったSURVIVOR に加入。前任者のデイヴ・ビックラーに勝るとも劣らないパワフルかつソウルフルなヴォーカルは素晴らしく、" Burning Heart " " The Search is Over " " Is This Love " などのヒット・シングルを記録。

その後はソロ活動、SURVIVOR への加入・脱退を繰り返しながらキャリアを進めていたのでしたが、その矢先の訃報‥。

ハードな曲ではパンチのあるソウルフルなヴォーカル、そしてバラードでの表現力の豊かさは絶品で、まさにリード・ヴォーカリストと呼べる存在でした。

あのリッチー・ブラックモアも大好きだという歌声は唯一無比であり、89年にDEEP PURPLE への加入がほぼ決まりかけたが、ジミのマネージメントの反対によって加入が御破算になったとの逸話もあり。

もしDEEP PURPLE に加入していたのなら、ジミの人生がどう変わったのだろうか、非常に興味を駆り立てられます。

個人的にはCOBRA が大好きなので、マンディ・メイヤーと再結成をして欲しかったんですが。63歳という余りにも早い訃報に愕然。しかし彼の歌声は、私の心に永遠に残るでしょう。R.I.P.



yjimage.jpg


宜しければワンクリックを ↓

にほんブログ村


posted by ハムバッカー at 23:13| Comment(2) | TrackBack(0) | RIP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月17日

追悼 JOHNNY WINTER

百万ドルのギタリストと呼ばれたブルース・ギタリスト、ジョニー・ウィンターが7月16日、滞在先のスイス、チューリッヒで亡くなりました。享年70歳。

カウボーイ・ハットとギブソン・ファイヤーバードがトレードマークで、上半身裸でのギター・プレイは白人ながら黒人の魂が乗り移ったようなブルース・フィーリングが。早いパッセージで弾きまくるサム・ピッキングに、味わい深いスライド・ギター。そしてクセのある、唸るような独特な歌声。

長年のドラック中毒の影響から、一時期は思うようなプレイが出来ずに第一線から退いてましたが、2011年頃から続けて来日公演を行い、まだまだ健在ぶりを発揮していました。

キング・オブ・ブルース、マディ・ウォーターズに息子のように愛され、エリック・クラプトンを始め、多くのギタリスト達に影響を与え続けたブルース野郎。安らかに眠れ。R.I.P.



65228.jpg


宜しければワンクリックを ↓

にほんブログ村




posted by ハムバッカー at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | RIP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする