2017年01月11日

1986年 My年間ベスト・アルバム10 Part2

前回に引き続きまして、1986年My 年間アルバム・ベスト10の第5位からの発表です。ジャカジャン!


第5位


R-1916061-1453719145-4494_jpeg.jpg


ROCK THE NATION / SAXON

@Rock the Nations
ABattle Cry
BWaiting for the Night
CWe Came Here to Rock
DYou Ain't No Angel
ERunning Hot
FParty Til You Puke
GEmpty Promises
HNorthern Lady


「CRUSADER」「INNOCENCE IS NO EXCUSE 」の2作品で地の底に落ちたSAXON が放った起死回生の一発 (とはならなかったが) だと個人的には思ってます。

アルバムのトップとラストにアンセムっぽい曲を配置し、他の楽曲も粒揃い。どんどんアメリカナイズされていくバンドは今後どうなっちゃうの? との心配を見事に吹き飛ばしました。

たまたま同じスタジオでレコーディングしていたエルトン・ジョンがゲストとして参加しているFにはビックリしましたが、まあシャレみたいなもんでしょう。意外にバンドは器用なんですね。

この時期はアメリカに接近するもブレイクするのには遥か遠く、肝心の英国や日本ではコアなファンを失うなど、彼らにとってまさに暗黒の時代でした。その中で本作は原点回帰を図り、かすかな光明を見出したのではないでしょうか。

しかし悲しいがな。私たちの期待を大きく裏切り、次作「DESTiNY」では本格的に全編アメリカン・サウンドに変貌し、ファンを奈落の底に突き落とします。SAXON の完全復活にはもう少し時間がかかるのです。







第4位


1000x1000.jpg


TRILOGY / YNGWIE J, MALMSTEEN

@You Don't Remember , I'll Never Forget
ALiar
BQueen in Love
CCrying
DFury
EFire
FMagic Mirror
GDark Ages
HTrilogy Suite Op : 5


STEELER のデビューを皮切りに、他に類を見ないクラシカルな奏法で世間の注目を集めてきたイングウェイ・マルムスティーン。前作はヘヴィかつダークな様式美アルバムでしたが、本作はALCATRAZZ 時代を彷彿させる美しく実に美麗な作品となりました。

ザラついた声を持ったジェフ・スコット・ソートの後任となったマーク・ボールズのヴォーカルは透明感がある伸びやかなハイトーン・ヴォーカルが特徴で、イングウェイのギターとの相性も抜群でした。

本作はイングウェイ自身がすべてアルバム制作をコントロールした作品であり、彼の才能の奥深さをマザマザと見せつけました。ギター・プレイもファストなアプローチからタメの効いたフレージングと幅の広いテクニックを駆使。この頃のイングウェイが一番良かったなという方が多いのも頷けます。

特にイングウェイ作の楽曲の中で個人的ベスト10に入る@のギター・ソロ前半のタメ具合は絶品。その叙情的なフレーズには思わず悶絶です。

この組み合わせが長く続けばなと思ったのも束の間、レコーディング終了後には2人の関係はあっさりと崩壊します。イングウェイがマークの彼女を寝取ったとか、マークがバイセクシャルだったのが気に入らなかったとか様々な噂が流れました。真実はわかりませんが。

マーク脱退後、後任ヴォーカリストになんとジョー・リン・ターナーが加入し、世間をアッと言わせました。さすがイングウェイ。






第3位


dcabb0fae9d4534bf4b69bd2b6f9e7dc.jpg


FINAL VYNYL / RAINBOW

@Spotlight Kid
AI Surrender
BMiss Mistreated
CJealous Lover
DCan't Happen Here
ESince You Been Gone
FBad Girl
GDifficult to Cure
HStone Cold
IPower
JMan on the Silver Mountain
KLong Live Rock 'N' Roll
LWeiss Heim


本作はベスト盤なのである意味反則なんですが、まあ許してください。(笑)

アルバム収録曲はジョー・リン・ターナー時代に比重が置かれていますが、ハイライトはグラハム・ボネット及びロニー・ジェイムズ・ディオ時代のライヴです。

グラハムのパワフルなヴォーカルは素晴らしく、突き抜けるようなシャウトは圧巻。最盛期の彼の声に勝るヴォーカリストはそうそういません。

ロニーに関しては当たり前ですが、歌が抜群に上手いです。彼の歌はリスナーをマジカルな世界へグイッと引き込む独特なタッチを持ってます。

コージー・パウエルのパワフルなドラミングも存在感抜群。個性の強いミュージシャンがこのバンドには多かったな。リッチーの目利きは驚くべきセンスがあったことが本作にて証明されてます。

DEEP PURPLE の再結成も嬉しかったですが、このままRAINBOW を続けて欲しかったというのが正直なところです。うーん、惜しかった。





第2位


23628.jpg


ORGASMATRON / MOTORHEAD

@Deaf Forever
ANothing Up My Sleeve
BAin't My Crime
CClaw
DMean Machine
EBuilt for Speed
FRidin' with theDriver
GDoctor Rock
HOrgasmatron
IOn The Road (Live Version) *
JSteal Your Face(Live Version) *
KClaw (Alternative Version) *

* CD BONUS TRACK


彼らの作品中、本作は一般的にあまり評判が良くありません。レミー本人すら、「本作は失敗だった」という始末。しかし、私の意見は違います。

黄金のトリオ編成が崩壊して新たなる4人編成でスタートしたバンドは、鬼才ビル・ラズウェルを起用してバンドの再生を図りました。当時はその意外な組み合わせに驚いたものです。

効果音を随所に配した新機軸な楽曲はMOTORHEAD らしくないと方々でブッ叩かれてました。しかし、その後の彼らのスタイルの拡散を考えると、この作品が試金石になったと思うのですが。

初期を彷彿させるスピード・ナンバーも収録されており、新加入のピート・ギルの直線的なドラミングやワウを駆使したツイン・ギターで、今まで以上に分厚いサウンドを構築してます。

レミーさえいれば、MOTORHEAD なのです。レミーよ永遠なれ!







第1位


81DnRm90j+L__SL1425_.jpg


SEVENTH STAR / BLACK SABBATH  〜Featuring Tony Iommi

@In for the Kill
ANo Stranger to Love
BTurn to Stone
CSphinx (The Guardian)
DSeventh Star
EDanger Zone
FHeart Like a Wheel
GAngry Heart
HIn Memory


盟友ギーザー・バトラーまでもバンドを去り、ついにトニー・アイオミはソロ・アルバム制作に着手します。

そして仕上がったアルバムはドロドロとしたSABBATH のイメージを覆す、まさに正統派ブリティッシュ・ロックと言える湿り気を帯びた様式美サウンドでビックリ。絶対にアメリカのバンドには出せない音だ。

さらにグレン・ヒューズという素晴らしいヴォーカリストを起用し、様式美のメロディをググッと強調。グレンの超絶シャウト、凄い凄い。まさにヴォイス・オブ・ロック。

特にアナログでいうA面 (@〜D) の流れは絶品。ファストな曲とバラード調の曲を交互に配置し、素晴らしいアクセントを付けてます。うーん、美しい。

しかし、本作はレコード会社の圧力により最終的にBLACK SABBATH 名義で発表される事に。そしてこのメンバーでツアーを強行しますが最初の5公演であっけなくグレンが離脱。(笑) グレンがSABBATH のヴォーカリストとしてステージに立つなんて、やっぱ無理がありました。

ただ、このアルバム制作で手応えを感じたトニー・アイオミは、無名の実力派シンガーだったトニー・マーティンを発掘。その後SABBATH 様式美3部作と呼ばれる名盤を作り上げるのです。





今年もマイペースで更新していきますので、末永いお付き合いを


宜しければワンクリックを ↓

にほんブログ村


posted by ハムバッカー at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 年間ベストアルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445831166

この記事へのトラックバック