2016年10月24日

70年以降にハード・ロック界の核となる人物ばかりで LORD SUTCH

バンド活動が50年代の終わり頃だという、THE BEATLES や THE ROLLING STONES らと同世代に当たるロード・サッチは、自身のバック・バンドから多くのミュージシャンを輩出しました。

彼のバンドに在籍していたミュージシャンをざっと挙げると、リッチー・ブラックモア (DEEP PURPLE/RAINBOW) ジミー・ペイジ (LED ZEPPELIN) ニッキー・ホプキンス (JEFF BECK/STEVE MILLER) ノエル・レディング (JIMI HENDLIX) マシュー・フィッシャー (PROCOL HALUM) など、70年以降にハード・ロック界の核となる人物ばかりで、サッチには良いミュージシャンを見分ける目があったのでしょう。

サッチのステージは吸血鬼のごとく棺桶から登場し、白塗りの顔に緑色に染められた髪のいで立ちなど、現代ショック・ロックの元祖と呼ばれており、そのスタイルは後にアメリカのALICE COOPER やKISS などに引き継がれたのではないでしょうか。

そういった個性を売りに、60年代初頭には英国で一番稼いでいたバンドだと呼ばれ、60年代中期に勢いそのままにアメリカ制覇を目論み全米に渡ったが見事撃沈。そそくさと英国に戻り、地道にクラブ回りをしていたそうです。

そして70年に有名になった元メンバーたちを集め、本作 「LORD SUTCH AND HEAVY FRIENDS」 を発表。参加ミュージシャンはジミー・ペイジ、キース・ムーン、ジェフ・ベック、ノエル・レディング、ニッキー・ホプキンスとまさに豪華絢爛だ。

プロデューサー&バック・バンドとして参加したジミー・ペイジはノー・クレジットを条件にこの仕事を引き受けたが、なんとアルバムが発表されたらジャケット表側には堂々と 「ジミー・ペイジ」 と書かれ、裏ジャケには本作セッション中のジミーの写真がデーンと載っていて、それを見たジミーがひっくり返ったとの逸話が。(笑)

冒頭の@からジョン・ボーナムのパワフルなドラミングとジミー・ペイジの癖のあるギターが一聴して耳に飛び込んできます。ZEPP の作品と比較するとずいぶんラフなプレイですが、実にカッコいい!

ジミーの真骨頂である浮遊するようなワウ・プレイから始まり、突然攻撃的なリフが耳をつんざくAはKINKS の 「All Days and All of the Night」 を彷彿させます。

BO DIDDLEY 風のB、CHUCK BERRY のパロディのようなGもありますが、ジェフ・ベックが参加したCは、ジミーとは明らかに違うギター・プレイを聴くことが出来ます。こちらはまた個性的でイイんです。ジミーのプレイと聴き比べてみるのも面白いですよ。

彼らバック・バンドのサウンドを聴いているだけでも、非常にワクワクします。肝心のサッチのヴォーカルはガナり立て叫ぶばかりで、特筆すべき点はあまり無いんですが。何とも言えない 「ヒャ〜」 というシャウトが結構耳に残る程度か。

それを裏付けるように、80年に本作が再発された際にはアルバム・ジャケットも変更されて、何故かジミー・ペイジ&ジェフ・ベック名義の作品として発表。サッチの名前はどこへやら?? うーん、悲しすぎるぞ。

本作は珍盤の部類に入るんじゃないんでしょうか? しかし、ジミー・ペイジのファンでしたら演奏のみを聴いてるだけでも十分楽しめる作品ですよ!



61EFJHJ0MTL__SY355_.jpg


LORD SUTCH AND HEAVY FRIENDS / LORD SUTCH (1970)

@Walking Sounds
ACause I Love You
BFlashing Lights
CGutty Guitar
DWould You Believe
ESmoke and Fire
FThumping Beat
GUnion Jack Car
HOne for You, Baby
IL・O・N・D・O・N
JBrightest Light
KBaby, Come Back


歴史的インパクト ★★ 個人的思い入れ ★★
ジャケット・デザイン ★★★ レア度 ★★★
イチ押しポイント 70年代の巨匠達のプレイは最高!


宜しければワンクリックを ↓

にほんブログ村




posted by ハムバッカー at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック