2016年07月04日

そして完全復活までの長い道のりを歩いていく事となるのです SAXON

IRON MAIDEN、DEF LEPPARD と並んでNWOBHM の雄であり現在も活動を続けるSAXON は、先のバンドとらは違って多くの紆余曲折を経てきました。

同胞のMAIDEN へのライバル心は並々ならぬものがあり、初の日本公演が決まっていたMAIDEN の来日前にエージェントにゴリ押しをして、MAIDEN よりも先に日本公演を実現させたという逸話があるほどです。

80年代初頭にMAIDEN はヴォーカルをブルース・ディッキンソンに変え、草の根的なライヴ活動を全米中で展開した結果、83年発表の 「PIECE OF MIND」 を全米チャート最高14位に送り込みました。DEF LEPPARD はそのポップな音楽性に加え、ジョン・マッド・ランジという敏腕プロデューサーとタッグを組み 「PYROMANIA」 を見事全米2位まで押し上げたのです。

その動きをSAXON も見逃すはずがありません。彼らもアメリカ制覇にベクトルを向けて制作された 「POWER AND THE GLORY」 これが当時ファンの間で賛否両論を巻き起こしたのです。

個人的には本作はSAXON らしさが後退している訳ではなく、実にバランスの良い作品となったと思うのですが。

タイトル・トラックの@から、SAXON節が炸裂する突出した疾走感が迫力満点だし、ABとシャッフル・ナンバーを並べる曲順も心憎い。

Cはメジャー・キーのアルペジオのイントロが当時物議を醸しだし、ハードコアなファンが眉をひそめた問題の楽曲。今聴いてみると、別に何てこと無いんだけど。不思議ですね。

炎の様に疾走するDに対して、ラストのGはスローで重厚な雰囲気が新機軸。タイトルも前作のライヴ・アルバムと同じで、SAXON らしからぬ (?) 哲学的な歌詞が美しい。

結局本作は全米チャート100位圏内にも届かず、その焦りからなのか次作より音楽性を劇的に変化させ、自らの首を絞めるごとく奈落の底に堕ちていきます。そして完全復活までの長い道のりを歩いていく事となるのです。



yjimage.jpg


POWER AND THE GLORY / SAXON (1983)

@Power and the Glory
ARedline
BWarrior
CNightmare
DThis Town Rocks
EWatching the Sky
FMidas Touch
GThe Eagle Has Landed



歴史的インパクト  個人的思い入れ ★★★
ジャケット・デザイン ★★ レア度 ★★
イチ押しポイント ヤワな作品じゃないでっせ!


宜しければワンクリックを ↓

にほんブログ村




posted by ハムバッカー at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439708458

この記事へのトラックバック