2016年04月11日

なんで腕相撲なの‥。 HUSTLER

「なんじゃ、このダサダサのジャケットは!」 本作の第一印象はこんな感じでした。時代を感じさせるベルボトムのジーンズを履く人々で溢れるロンドンの道端で何故か腕相撲をする姿、なんで腕相撲なの‥。

イマイチの作品はアルバム・ジャケットの見た目も最悪という定説を覆すこのHUSTLER の1st は74年の発表で、マイケル・シェンカーが加入したばかりのUFO、ツイン・リード体制になりUKフォノグラム傘下のヴァーティゴと契約したTHIN LIZZY、名作である2nd. を発表したばかりのQUEEN など 、それぞれの個性や毛色が全く違うバンドらとイギリスでしのぎを削っていました。

HUSTLER は74年にレーベルと契約し、同8月にアルバムを発表。同時に8月に行われていた英国ロックの風物詩、レディング・フェスティバルに初出演と、新人ながら幸先の良いスタートを切ったのです。

泥臭いブギー調のサウンドの上にギターとオルガンによるクラシカルな味付けを。そしてプログレッシヴのエッセンスを注入した展開は斬新で、個性が服を着て歩いていると言われた70年代の英国のバンドの1つと言えるでしょう。

緊迫感溢れるイントロから始まるほぼインストのAは、ギターとオルガンのクラシカルなユニゾン・プレイがカッコよく、中間部の構築されたオルガン・ソロも実にメロディアス。DEEP PURPLE やURIAH HEEP らが好きな方なら、どストライクですよ。

DはFACES ばりのアーシーなR&R。同じアルバム内に両極端のサウンドが同居しているのは、なんとも面白い。

Gは退廃的なバラードで、スティーヴ・ハイネスの絞り出す様なヴォーカルが哀愁を誘います。後半は転調してスリリングなシャッフル・ビートで疾走。三連のオルガン・ソロが印象的だ。

Hはバント名と同名曲で、ライヴでもラストを飾っていた代表曲。武骨なシャウトが迫力満点で、力強く唄われるサビの相の手となるコーラスが何とも悩ましい。こういった男らしい歌声で、悲しいメロディをなぞる唄法はとても私好みです。静寂を挟んで中間部のオルガン・ソロからさらにストリングスが被さってくる展開はドラマティックで、ラストまで曲をガツンと盛り上げていきます。

全曲名曲揃いとは言えませんが、AとHの充実度が他にもっと波及していたら本作は名盤の称号を与えられたんじゃないかと思います。この2曲を聴くだけでも、アルバムを買う価値はありますよ。

彼らは結局もう1枚アルバムを発表した後に解散しますが、70年代のB級バンドはHUSTLER のような個性的なバンドがウヨウヨしていて、今でも私の聴欲を掻き立ててくれます。実にいいバンドだなー。



HUSTLER.jpg


HIGH STREET / HUSTLER (1974)

@Just Leave a Good Man
APiranhas
BLet the Wind Slow
CUptight Tonight
DGet Outa 'Ouse
EJack the Lad
FMidnight Seducer
GMiranda
HThe Hustler


歴史的インパクト  個人的思い入れ ★★★
ジャケット・デザイン  レア度 ★★
イチ押しポイント ブギとクラシカルの融合は斬新だ


宜しければワンクリックを ↓

にほんブログ村




posted by ハムバッカー at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック