2014年08月14日

まるで墓の中から這い上がってきたようなゴリゴリの楽曲群に OZ

80年前半に勃発した、EUROPE、YNGWIE らを輩出した第一次北欧メタル・ムーヴメントは、北欧さながらの澄みきったサウンドや叙情的なメロディが私達多くのメタル・ファンの心を捉えました。

その一方でメロディアスさと対極を成す、NWOBHM の洗礼を受けたゴリゴリのサウンドを武装するバンドも多数現れ、その中でも個人的に一推しだったのがスウェーデン出身のバンド、OZ です。

結成は77年と、EF BAND、HEAVY LORD あたりと同様に極初期の北欧メタルのバンドという事で、IRON MAIDEN らに代表するイギリス特有のリフ主体のパワフルなサウンドを擁し、全く北欧らしくないんですよ。

メンバー名がエイプ (猿!) ・デ・マルデューニやジェイ・C・ブレイド、スピーディ・フォックスなどの名を名乗り、奇怪なロゴマークなどデヴィリッシュなイメージで統一されており、しかも83年に発表のセカンド・アルバム 「FIRE IN THE BRAIN」 のジャケットは髑髏を持つスタッド付きの手 (何故か髑髏の頭が燃えてる??) も何やら怪しげだ。

このバンド、リフ主体の英国産バンドのカデゴリーに属するサウンドなのですが、2本のギターが意外にもドラマティックな展開を作り上げてるのが驚きで、ハゲ頭のヴォーカリスト、エイプのパラノイア的ヴォーカルもなかなか聴き応え十分で、そんじょそこらのNEAT RECORDS あたりのバンドと一緒にしちゃいけません。また新加入のベーシスト、ジェイ・C・ブレイドが本作の多くの楽曲作りに携わってるらしいです。

@からゴリゴリと疾走するスピード感にはノリノリで、エイプのキレ気味のシャウトも迫力満点!アルバム・トップの曲は走り倒すというメタルの基本を忠実に実行してます。イントロからちょっとしたギター・ソロを炸裂させるBはミディアム・テンポかつパワフルなナンバーだ。このダークな感じが非常にイイね。

イントロのチョーキングのハモリが印象的なDは意外にポップなメロディがよく合っていて、ブリッジの途中に入るギターのフレーズが妙に心に引っ掛かります。

タイトル・トラックのGもザクザクとしたリフを主体とした疾走ナンバーで、ラストを締めくくるには相応しいスピード感のある楽曲です。

叙情的で美しい北欧メタルとは逆の側面を持つへヴィかつパワフルな、まさにダークサイドの住人であるOZ。残念ながらアルバムは入手困難ですが、見つけたら三食抜いても買うべし!

OZ は全4作のナイスな作品を発表したところで、メイン・ソングライターのジェイが他のバンドに引き抜かれて活動を停止。91年に復活作 「ROLL THE DICE」 をリリースしたが、以前のOZ とはかけ離れた妙に軽いサウンドにガックシ。

彼らは永遠の眠りについたと思われましたが、なんと20年の歳月を経ての2011年に驚きの復活! 全盛期のメンバーであるエイプやマークを含んだラインナップで作られた 「BURNING LEATHER」 は、以前の楽曲のセルフ・リメイクを含むアルバムで、80年代の彼らのサウンドとまったく変わっていない、まるで墓の中から這い上がってきたようなゴリゴリの楽曲群に思わず涙。(嬉)


51IoNnkXo7L__SY355_.jpg


FIRE IN THE BRAIN / OZ (1983)

@Search Lights
AFortune
BMegalomaniac
CBlack Candles
DGambler
EStop Believin'
FStop Believin'
GFire in the Brain


歴史的インパクト  個人的思い入れ ★★★
ジャケット・デザイン ★★ レア度 ★★★
雷一押しポイント雷 NWOBHM 好きの殿方には、是非!


宜しければワンクリックを ↓

にほんブログ村




posted by ハムバッカー at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/403716566

この記事へのトラックバック