2014年07月10日

まさにけたたましいとの表現がピッタリだ KEEL

ナッシュビルから大いなる野望を持ちLAに渡ってきたロン・キールは、LAでメンバーを集めてSTEELER を再始動。イングウェイ・マルムスティーン擁するラインナップは、一躍LAメタルに沸くシーンで注目の的となりました。

しかし、お互いの音楽性すべてに共通点が見いだせなかった (そりゃそうだ) ロンとイングウェイは激しく対立。その後、イングウェイの脱退という事件へ発展します。

アルバム 「STEELER」 発表時には既にロン以外のメンバーはすべて脱退。しかもイングウェイを含むメンバー構成であれば、契約するレコード会社もあったと噂されてましたが、当然のごとくその話も消滅。後任にカート・ジェイムズ、ミッチ・ペリー、アダム・ボムらを加入させてバンドを継続しましたが、83年にバンドは解体。再度メンバーを集めながら自己の名前を冠としたバンド、KEEL を結成しました。

イングウェイをバンドに紹介するなど、KEEL をサポートしてきたShrapnei Records の社長、マイク・ヴァーニーのヘルプを得て84年にKEEL はデビュー・アルバム 「LAY DOWN THE LAW」 の発表に漕ぎつけます。

その際、他のメンバーに 「俺のやりたい方向性に黙ってついてきてくれ。それが嫌な奴はバンドから出て行ってくれ。」 とロンは言い放ったそうです。自己に対する確固たる自信と、STEELER での反省を踏まえての発言なのでしょう。

何とも官能的なジャケット (乳を握っている手は、たぶんロンの手でしょう) の本作は、STEELER 時代の後期の楽曲も含む、重厚かつメタリックなサウンドが全編を占めており、 「THE RIGHT TO ROCK」 のプロトタイプともいえる@はその代表格。タイトル・トラックのAもミディアム・テンポのKEEL 節が全開だ。

疾走するBGは彼らの真骨頂であり、ロンのスクリームも凄い凄い。まさにけたたましいとの表現がピッタリだ。HはTHE ROLLING STONES の大ヒット曲のカヴァー。この3曲は、後のメジャー・デビュー作に再収録されます。

Bの綺麗なバラードは彼らの新境地。STEELER 時代の " Serenade " での音痴さと比べたらなんと、大進歩じゃないですか!アコースティックに奏でられた美しいメロディが印象的。

ただ、難点を挙げると、終始不安定なドラマーの存在か。(Gのイントロは、なんだか分からんぞ!) 案の定、本作発表後脱退しちゃいますけど。(笑)

その後、メジャーレーベルA&M 傘下のゴールド・マウンテンと契約を凍結。なんとKISS のジーン・シモンズをプロデューサーに釣り上げて、メジャー・デビューを果たします。



51gqWhwWMdL__SL500_AA300_.jpg


LAY DOWN THE LAW / KEEL (1984)

@Thunder and Lightning
ALay Down the Law
BSpeed Demon
CPrincess of Illusion
DBorn Ready
EMetal Generation
FTill Hell Freezes Over
GYou're the Victim (I'm the Crime)
HLet's Spend the Night Together


歴史的インパクト  個人的思い入れ ★★
ジャケット・デザイン ★★ レア度 国内未発売
雷イチ押しポイント雷 ロンの金属的スクリームは見事だ!


宜しければワンクリックを ↓

にほんブログ村



posted by ハムバッカー at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/401473365

この記事へのトラックバック