2013年12月31日

1983年 My年間アルバム・ベスト10 Part2

前回に引き続きまして、1983年 My年間アルバム・ベスト10 の第5位からの発表です。ジャン!


雷第5位雷


41Q4zg-mXxL__SL500_AA300_.jpg


NEXT POSITION PLEASE / CHEAP TRICK

@I Can't Take it
ABorderline
B I Don't Love Here Anymore
CNext Position Please
DYounger Girls
EDancing the Night Away
FYou Talk too Much
G3-D
HYou Say Jump
IY.O.Y.O.Y.
JWon't Take No for an Answer
K Heaven's Falling
LInvaders of the Heart
MDon't Make Our Love a Crime


トム・ピーターソンの脱退から彼らの人気は緩やかに下降線をたどっていきましたが、それとは裏腹に当時発表した作品はどれも秀作揃いでしたよ。

本作は、鬼才トッド・ラングレンをプロデューサーに迎えて、非常にシンプルな音作りのアルバムを作り上げました。シンプルな音作りほど、彼らの極上のメロディが曲中にくっきりと浮かび上がってくる訳で、BEATLES を彷彿させるそのポップ・センスは健在です。

セントメンタルなリフがなんとも美しいロビン作の@は本作のハイライトで、現在のライヴでも演奏される名曲。ロビンのヴォーカルもなんともスウィートだ。

タイトル・トラックのCも、70年代のアメリカン・ポップスを思わせる古臭い音が何とも新しく聴こえるのは何故だろう?歌詞は彼らがその時に置かれていた状況を皮肉っぽく言ってるのかも。

ダンサブルで強烈なビートを要する本作中異色のEや、バーニーのドラムが爆発するLなど、ロック・バンドとしてのパワーもアルバムの中にさりげなく挿入しています。美しいバラードのIもなかなか良いね。

彼らが何故この時期に低迷したのかが分かりません。ただ全米はU.S.FESTIVAL 開催を皮切りに空前のHR/HM の波が押し寄せており、その余波を喰らった感もありますが‥。ただ、トムを失ったというルックス面でのデメリット以外は、CHEAP TRICK には何の変化もなかったと思うんですが。

シンプル・イズ・ベスト、それに尽きます。素晴らしい。






雷第4位雷


51k+7OJXi3L__SL500_AA300_.jpg


SHAKIN' BRAINS / SILVER MOUNTAIN

@1789
AAftermath
BAlways
CNecrosexual Killer
DDestruction Song
EVikings
FLooking for You
GSpring Maiden
HKing of the Sea
IKeep on Keepin' on


EUROPE を始め、イングウェイ・マルムスティーンの出現などで起こった北欧メタルのムーヴメントは、叙情的かつ哀愁のメロディに目がない、私を含めた日本人の心をたちまち虜にしました。

その中でクラシカルフレーズを散りばめ、テクニカルな様式美武装を施したバンド、SILVER MOUNTAIN のデビューはまさに衝撃的でした。

音的にはアマチュアのデモ・テープ並みの音質、調子っ外れのヨナスのひ弱なヴォーカル、どんどん走っていってしまうアンダースのドラムなど、難癖をつけるのならいくらでもつけられる本作は、そういった欠点をはるかに凌駕する、独創的な楽曲がババンと並んでます。

速さと哀愁を兼ね備え、フランス国家、ラ・マルセイユをギター・ソロに導入した衝撃のネオ・クラシカル作@を始め、大海にて荒波を乗り越えていく北欧戦士らを彷彿させる雄大なBや、IRON MAIDEN 的リフがカッコよく、イエンス・ヨハンソンの火を噴くようなソロが超絶的なEなど、ギターとキーボードのテクニカルなバトルがアルバム中で大爆発を繰り返します。DEEP PURPLE 、RAINBOW が好きな人はこれを聴かなきゃいけません、震えるぜ!

大きな可能性と期待を背負ったバンドはその後、ヨナスと共にバンドのキープレイヤーであったイエンスと、ついでに (おいおい) お兄ちゃんのアンダースをイングウェイに引き抜かれて、本編成はあっけなく幕を閉じてしまいます。

その後メンバーを補充しながらヨナスはバンドを存続させていきますが、結局本作以上のインパクトを残すことが出来ずにバンドは自然消滅。各メンバーはそれぞれの道に進んでいきました。

しかし、2001年に期間限定にて突然オリジナル・メンバーで再結成! しかも、良くも悪くも84年当時そのまんまのサウンドの新作を発表して、私を狂喜乱舞させてくれました。こちらもお薦めでっせ。






雷第3位雷


41OlD5uk+BL__SL500_AA300_.jpg


SHOUT AT THE DEVIL / MOTLEY CRUE

@In the Beginning
AShout at the Devil
BLooks That Kill
CBastard
DGod Bless the Children of tThe Beast
EHelter Skelter
FRed Hot
GToo Young to Fall in Love
HKnock 'Em Dead, Kid
ITen Seconds to Love
JDanger


L.Aメタルの導火線となったMOTLEY のセカンドは、1st. のチープな音作りから一転、トム・ワーマンのプロデュースの元、メタリックかつ分厚いサウンドに大変身しました。

地獄の底から湧き上がるような邪悪さを感じるSE @から、チューニングを1音落としたへヴィでソリッドなギター・リフが炸裂するAの流れはまさに鳥肌ものです。思わず 「シャウト!シャウト! 」 と叫んでしまうこと間違い無し。彼らの世界にズップリと引き込まれてしまいます。

重々しくもキャッチャーなリフが印象的な名曲B、激烈に疾走するCF、中近東風のギター・ソロが唸らせるG、禁欲的なギター・リフが続くミディアム・テンポのIなど、デヴィリッシュなイメージで統一された本作は、新世代のアメリカを代表する、スキャンダルかつ退廃的なバンドとのイメージがありました。

しかし、正直なところヴィンスのヴォーカルを初めて聴いた時は、あの独特の歌い回しが妙に気持ち悪く (特にAのヴァースあたり) 、へヴィなサウンドと全然合ってないなと感じたんですが、これが不思議と聴き込んでいくと気にならなくなったのは、彼らの個性と捉えていったのか?やっぱり売れたもの勝ちなのか?

本作以降の音楽性はAEROSMITH 風のR&R にシフト・チェンジしたため、その後は個人的にはそれ程のめり込めなかったんです。よって、本作がMOTLEY CRUE の最高傑作だ ! 悪い ?






雷第2位雷


51y48KnV7eL__SL500_AA300_.jpg


BORN AGAIN / BLACK SABBATH

@Trashed
AStonehenge
BDisturbing the Priest
CThe Dark
DZero the Hero
EDigital Bitch
FBorn Again
GHot Line
HKeep it Warm


奇跡の合体というより、世間的には世紀の珍事と扱われたイアン・ギランのBLACK SABBTH 加入。例えるとしたら、リオネル・メッシがバルサからレアル・マドリードに移籍すると同じ事か ??

元々DEEP PURPLE 再結成を目論んだがギャラの問題で計画が頓挫、既にGILLAN を解散させており行き場を失ったギランが、トニー・アイオミらとイギリスのパブで8時間に及ぶドリンク・ミーティング (!) を行い、酔いから覚めたときには既にSABBATH への加入が決まっていたという、嘘のような本当の話です。まさに、イアン・ギラン恐るべし。 (爆笑)

本作発表後、ライヴで ” Smoke on the Water ” を演奏するなど、ファンの顰蹙( 特にPURPLE ファンでしょう) を猛烈に買ったせいか、本作はSABBATH 史上最大の問題作と一方的に位置付けられてます。しかし、本当にそれだけで片付けられてしまう程度の作品なのでしょうか?

収録曲は意外とバラエティに富んでおり、従来のSABBATH そのままのイメージの、棺桶を引きずる様な邪悪なリフ運びを持つDや、ロニー時代に発表されてもおかしくないEやG。咽び泣き叫ぶギランのヴォーカルが圧巻のF、まるでGILLAN の曲みたいな@など聴き応え満点ですよ。

そしてなんといってもギランの気の触れたような気色悪いヴォーカル・パフォーマンスが最高で、思わず笑ってしまうBは本作を象徴する曲でしょう。

恐ろしい程の音質の悪さも、本作の邪悪な雰囲気を増強させているのに一役買っているんですが、これは最終ミックスを待たずにバンドはツアーに出てしまい、アルバムが完成、発表されてからトニーが気が付いて頭を抱えてしまったとの何ともお間抜けぶり。イアン・ギランは 「ギーザーがベース・サウンドを半端なく重ねたため音が悪くなった」 と、どこかで言ってましたが、真意の程は ?

邦題の 「悪魔の落とし子」 のイメージにぴったりのジャケットといい、気色悪さでは1st. に匹敵する凄さ。個人的には大好きなアルバムです!







雷第1位雷


51oG1mAC0QL__SL500_AA300_.jpg


NO PAROLE FROM ROCK 'N' ROLL / ALCATRAZZ

@Island in the Sun
AGeneral Hospital
BJet to Jet
CHiroshima Mon Amour
DKree Nakoorie
EIncubus
FToo Young to Die, Too Drunk to Live
GBig Foot
HStarcarr Lane
ISuffer Me


「泣くがいい。声をあげて泣くがいい。その涙は新しい時代を呼ぶ水晶となって〜」 アルバム発売時の日本の解説書のくだりは強烈でしたが (笑) それに負けず劣らずの衝撃の内容を本作は持ち合わせていました。

RAINBOW 〜 MSG と、どちらのバンドでも不本意な形で脱退を余儀なくされたグラハム・ボネットが、なんと自己のバンドを結成。しかも、北欧メタル・シーンの革命児、イングウェイ・マルムスティーンをUFO やDIO との争奪戦を経て獲得するというサプライズは、最初から成功を約束づけられたようなものでしょう。

本作の主役は、誰の目から見ても紛れもなくイングウェイであり、そのクラシカルに根差した奏法は歴史を変えるほどの衝撃をHR/HM 界に与えたと思います。

それまでクラシカルと言えば、リッチー・ブラックモア、マイケル・シェンカー、そしてランディ・ローズが代表格でしたが、それらを軽く飛び越えたメロディアスなギター・プレイに息をのみ、北欧出身という見解から圧倒的な叙情性を持ったその音色にすっかりやられてしまいました。

どこまでも伸びやかに歌い上げるグラハムの直線的なヴォーカルに、NEW ENGLAND の2人によるプログレスな味付けは絶妙。ポップながらフワフワと浮揚する@から叙情性たっぷり。イングウェイにしてはコンパクトなギター・ソロは起承転結に富み、その後のイングウェイの作品でも似たようなソロが見うけられる位、見事な名演だと思います。

RAINBOW の名曲 " Spotlight Kid " にチョイ似のBのスリリングな疾走感にドキドキ。クラシカル・テイスト満載のギター・ソロは美しく、ソロ前の6連譜は当時衝撃的でした。また、グラハムの4オクターブの声は誰にも真似は出来ないぜ。

日本では、ある意味タブー化された歌詞が衝撃的なC、プログレッシヴかつ重厚なD。物哀しいインストDから雪崩込むグラハムの歌メロが絶品のE、そして、泣きまくりのギターが響き渡る極上のバラードIなど驚きの連続で、まるでジェット・コースターに乗っているようだ。

「この頃のイングウェイが一番良かった。」 と言う方も多いんですが、実は私もその一人です。手癖に頼らないある程度構築されたギター・ソロは透明感溢れ起承転結のはっきりとした、口ずさむことが出来るソロなんですよ。

哀愁、ネオ・クラシカル、、叙情性と三拍子揃った本作は、文句無し83年度ナンバー1と断言致します。必聴。

一つだけ注文を言わせてもらうと、リズム・マシンのようなスネアの音、何とかならんかったのかいな !(笑)







今年も本ブログを訪問して頂いた多くの皆さん、ありがとうございました。HR/HM はそんじょそこらにある流行の音楽と違い、永遠に残っていくジャンルだと確信しております。来年も聴きまくりましょう! 

良いお年を、See you!

 

宜しければワンクリックを ↓

にほんブログ村



posted by ハムバッカー at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 年間ベストアルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック