2011年08月26日

各自のバンドで何故それが生かせないのか START EM YOUNG

現代HM の礎となったNWOBHM から10周年となった91年に本作 「ENGLISH STEEL」 が発表されました。プロデュースは元FASTWAY のリー・ハートで、何故かこの時期に 「ALL STAR」 や 「KAIZOKU」 など似たような作品が乱発されていた気がするのですが・・。

参加アーティストがデニス・ストラットン、ポール・ディアノのMAIDEN 卒業組に、ビフ・バイフォード、ナイジェル・グロックラー、ニブス・カーター (SAXON) ジャッキー・ボディミード、キム・マコーリフ、デニス・デュフォード (GIRLSCHOOL) ファスト・エディ・クラーク (MOTORHEAD / FASTWAY) ジェム・デイヴィス (PRAYING MANTIS) ポール・サムソン、トビー・サドラー、チャーリー・マッケンズィー (SAMSON) ゲイリー・ファーガンソン (GARY MOORE) など、よくもまあ、これだけのメンツを集めたものです!

さらに、どこにでも顔を出すニール・マーレイとドン・エイリー (笑) を加えて数々のセッションを繰り広げます。これをNWOBHM の歴戦の勇者達が結集! と捉えるのか、HR / HM のトレンドから弾かれた者同士が集まって作品を乱発し、小遣い稼ぎしてんだろ? と思うのかは、人それぞれです。

しかし、内容はマニアを唸らせるだけの完成度を誇っており、NWOBHM サウンドが大好きな私にとって小躍りしたくなる楽曲がたっぷりと詰まってるんですよ。

サビのコーラスがノリノリで、「し・うぉん・ろっく」 とつい連呼してしまう@はポール・ディアノのヴォーカルが冴える秀作。全盛期の様な荒々しいシャウトとはいきませんが、そのちょっとうわずった感じのヴォーカルは健在で、思わずニンマリ。

デニスがヴォーカルを取るAEHは、ハード・ポップが大好きな彼らしい、LIONHEART 時代を彷彿させるメロディアスな曲調が印象的です。

そして、一番の驚きがジャッキー・ボディミード嬢のヴォーカルで、この人ケリー・ジョンソン脱退後のGIRLSCHOOL にちょこっと在籍してた人らしいんですが、とにかく歌が上手いんですよ。BDFIのそれぞれ違った雰囲気の楽曲らを見事に歌い上げており、こんなに歌える人はGIRLSCHOOL に似合わない訳だ (失礼) と思ってしまいます。この人、しっかりと曲作りにも加わってますし!

ビブ・バイフォード、ポール・サムソン、ファスト・エディ・クラークらの大御所達(?)はバック・ヴォーカルのみの参加ですが、彼らにもリード・ヴォーカルを取らせれば、本作はもっと華やかかつ、凄い作品になったんじゃないでしょうか。

HR / HM の残り香なんて寂しい事を言わず、まず聴いてみて下さいよ。最初に問いた様に、NWOBHM の歴戦の勇者が集まった上質のブリティッシュ・サウンドですから!

でも、ちょっと意地悪な事を言うと、こういったナイスな作品が作れるのなら、各自のバンドで何故それが生かせないのかがとっても不思議です。(笑)
時代に流されず、自分達の足元をしっかりと見つめて作品を作っていくのが、NWOBHM 歴戦の勇者らに残された使命だと思うのですが、私は。



img105.jpg


ENGLISH STEEL / START EM YOUNG (1991)

@She Won't Rock
ABody Rock
BEach Night I Pray
CFar Away
DStranger to Your Heart
EI'll Be Miles Away
FOne Love , One Heart
GNo Repair
HDead or Alive
ILay It on the Line


歴史的インパクト  個人的思い入れ ★★★
ジャケット・デザイン  レア度 ★★★
雷イチ押しポイント雷 NWOBHM 万歳!


宜しければワンクリックを ↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村





posted by ハムバッカー at 00:38| Comment(5) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
彼女がガールスクールに居たのはランニングワイルドの頃でケリージョンソン脱退でアメリカンハードサウンドに移行したのでケリー支持者から敬遠されアルバムは売れなかったけどこの頃が一番サウンド的に確りしていたとのこと、最近その頃のライブdvdA80年代メタルdvdとして売られてます。数あるバンドがセットになってます。ボーカルも良かったと言われてますが私は後年の彼女のが凄いと思ったけど、sheだかshiだかってバンドに彼女はいました。キーボードとボーカルをやっていたのでガールスクールでもキーボードとボーカルをやりツインボーカルでした。彼女はソロに移行するため脱退。後に91年ベッドオブローゼスだかってアルバムが出てイフ何たらってバンドので彼女はオリジナルメンバーとしてオリジナルテイクを歌っています。雄大なアメリカンロックサウンドでリメイクだかリマスター盤が出ていて別なボーカルが吹き込みしてますが三曲彼女のテイクも収録されてます。でイングリッシュスティールはyoungguitarの米持氏が自身のバンドエアパビリオンとして敵は海賊のサントラを制作するにあたり、アルバムカイゾク
Posted by ふみ at 2013年12月27日 13:43
彼女がガールスクールに居たのはランニングワイルドの頃でケリージョンソン脱退でアメリカンハードサウンドに移行したのでケリー支持者から敬遠されアルバムは売れなかったけどこの頃が一番サウンド的に確りしていたとのこと、最近その頃のライブdvdA80年代メタルdvdとして売られてます。数あるバンドがセットになってます。ボーカルも良かったと言われてますが私は後年の彼女のが凄いと思ったけど、sheだかshiだかってバンドに彼女はいました。キーボードとボーカルをやっていたのでガールスクールでもキーボードとボーカルをやりツインボーカルでした。彼女はソロに移行するため脱退。後に91年ベッドオブローゼスだかってアルバムが出てイフ何たらってバンドので彼女はオリジナルメンバーとしてオリジナルテイクを歌っています。雄大なアメリカンロックサウンドでリメイクだかリマスター盤が出ていて別なボーカルが吹き込みしてますが三曲彼女のテイクも収録されてます。でイングリッシュスティールはyoungguitarの米持氏が自身のバンドエアパビリオンとして敵は海賊のサントラを制作するにあたり、アルバムカイゾクの参加者を探していてリーハートに頼みました。彼の人脈で沢山NWOBHMの人間が集まり、それによりその時集まったメンバーで同窓会的にまた集まって作られたアルバムですね。
Posted by ふみ at 2013年12月27日 13:46
因みに彼女はリタフォードの様にセクシーな綺麗な方です
歌が上手いので逸材と言われていましたが
Posted by ふみ at 2013年12月27日 14:09
もっと言うとプレイングマンティスにいたことがあり
かの名盤プレデターインディスガイズの片面を彼が作曲しもう片面をトロイ兄弟が作ったらしいです
イングリッシュスティールと時期を同じくして似たようなアルバムと有りますがそれも同窓会アルバムです。発起人はまたまたリーハートです(笑)
Posted by ふみ at 2013年12月27日 14:15
プレイングマンティスにいたのはリーハートですね。イングリッシュスティールにはご存知の様にガールスクールのメンバーも参加してます

後発のにはクライブバーも参加してますね。
Posted by ふみ at 2013年12月27日 14:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/222349918

この記事へのトラックバック