2010年04月11日

リッチー・ブラックモアお気に入りの声 COBRA

83年にアルバム1枚を発表して解散した幻のバンド、COBRA は後にSURVIVOR に加入するジミ・ジェイミソンとKROKUS〜KATMANDU〜ASIA〜GOTTHARD にて活動する渡り鳥ギタリスト、マンディ・メイヤーが在籍していた事がのちに有名となりましたが、その唯一のアルバム 「FIRST STRIKE」 は名盤と呼ぶのに相応しいNICE な内容ですよ。

楽曲は産業ロック系のキャッチャーさとブリティッシュ・テイストを持ち合わせた骨太のロック・サウンドが絶妙にブレンドされており、@のサビなんかは思わず 「ぶらーど、ふぉあ、ゆぁ、まね〜♪」 と口ずさんでしまいます。

CやFはSURVIVOR を彷彿させる産業ロック全開の美しいパワー・バラードですが、ほぼ全編にてマンディ・メイヤーのギター・プレイが大活躍しており、特にEのギター・ソロの展開は、その構成力に「お〜っ」と思わず唸ってしまうほどの見事さ!
BやFはその後GOTTHARD にてカヴァーされてますよ。

プロデューサーのクレジットをよく見ると、あのJUDAS PRIEST を育ててきたトム・アロアじゃないですか。納得の硬質の音です。

加えてジミ・ジェイミソンの歌は上手い!基本的にAOR系で成功するヴォーカリストは皆歌は上手ですが、その素直かつ通った声質とパワフルな声量はどんなジャンルにも合いそうな気がします。

ジミはあのリッチー・ブラックモアが長い間追い続けていたお気に入りのヴォーカリストの一人で、イアン・ギランの2度目の脱退後 (つまり、ジョー・リン・ターナー加入前) DEEP PURPLE のオーディションを受けており、その素晴らしい歌声とGOOD な性格にPURPLE のメンバー全員が感心しました。

オーディション終了後、リッチーが「さあ、君の仕事が決まったぞ。皆で飲みに行こう!」と言った矢先にジムのマネージメントから電話が入り、

「うちのジムは今後ソロ活動で成功させる。PURPLE なんかには加入させないぞ。」 との一言。 (キッパリ)

結局マネージメントの意向には勝てず、残念ながら彼は泣く泣く加入を諦めました。もし仮にPURPLE に加入したとすれば 「SLAVES AND MASTERS」 はどんなアルバムになってたのでしょうか?非常に興味を駆り立てられます。

ジムは結局、ソロでは成功しませんでしたが・・。(笑)

本作はジムの参加した作品でNo.1 と呼べる作品だと断言します! (これ以前のバンド、TARGET は未聴なんですが。) リッチーが惚れた極上の声に酔って下さい、是非!


firststrike_cobra.jpg


FIRST STRIKE / COBRA (1983)

@Blood on Your Money
AOnly You Can Rock Me
BTravelin' Man
CI've Been a Fool Before
DFirst Strike
EDanger Zone
FLooking at You
GFallen Angel
HWhat Love is
IThorn in Your Flesh


歴史的インパクト  個人的思い入れ ★★★
ジャケット・デザイン ★ レア度 国内未発売
雷イチ押しポイント雷 リッチーお気に入りの声と言うだけで、聴きたくなりませんか?


宜しければワンクリックを ↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村




posted by ハムバッカー at 00:49| Comment(6) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、、ではなく、、、こんばんは、でした。素敵なサイトですね!
ジミ・ジェイミソンで、こちらにヒットしました。COBRA の「First Strike」 私もお気に入りですよ。彼、ホントにいい声してますね。 昨年5月に 名古屋でジミのステージを観ました。サバイバーでの来日以来だと、たぶん、25年振りくらいではないでしょうか。ご存知でしたか?(音楽業界の人間も、あまり知らなかったようですよ)

還暦過ぎているとは思えないほどの 素晴らしい歌声でした。是非とも次は単独ライブで ファンを喜ばせて頂きたいです。 思わずちょっと、お伝えしたいと思いまして(笑) 失礼致します〜
Posted by さゆりん at 2014年03月20日 02:20
さゆりんさん。ジミ・ジェイミソンが来日していたんですね。

しかし、共演した深見東洲って宗教関係の人?どういう絡みかよく判りませんが、どんなセットリストだったんでしょうか?興味があります。

個人的にはCOBRAには大きな可能性を感じていたので、成功しなかったのは非常に残念です。ギタリストのマンディ・メイヤーも大好きでしたし。

もしDEEP PURPLEに加入していたら、彼の人生も変わってたかもしれませんね。

Posted by ハムバッカー at 2014年03月26日 23:04
こんばんは〜。PC不調にて、しばらくコメントできませんでした

遅ればせながら、、、昨年のジミのライブ、セットリストは 覚えている限りでは

I can't hold back
Is this love
High on you
man against the world
search is over
burning heart
eye of the tiger

だったかと思いますが、曲順はちょと自信ありません〜。なにせ、かなり興奮していたので(笑)すべてサバイバー時代のナンバーでした。
バックバンドは STORMBRINGER を連れて来てました。

深見東州さんは、名古屋の友人に教えてもらい知りましたが、私も当初は単なる宗教関係の人かと思っていましたが、非常に才能があり、芸術、福祉、スポーツ、教育、等、多方面に活躍されている方のようです。
私としては、当面、大手プロモータが招聘してくれる可能性は低いと思っていたジミのライブを観れたことに、とにかく感謝でしたよ〜!

ちなみに、9月にはまた武道館ライブがあるようですが、なんと今回は ミッキー・トーマス、ジョー・リン・ターナー、ボビー・キンボール、スティーブ・オージェリー と共演するようです。新聞広告が出れば、即完売でしょうね。
観に行きたいですが、交通費が〜〜。関東の人はいいね!
Posted by さゆりん at 2014年08月25日 01:20
おお、SUVIVORのヒット・パレードとは、なんとも豪華でしたね。自分も聴きたかったな。でも、これがまさかジミのラスト来日公演となるなんて‥。
あと、バックのSTORMBRINGERつて、あのアンディ・スキリロ率いるスイスのバンド??
Posted by ハムバッカー at 2014年09月03日 08:17
再びのこんばんは!

ジミの訃報にかなりの衝撃を受けておりましたが、そろそろ立ち直らないと、、、

あ、STORMBRINGER は、フロリダのTampa Bayエリアを中心に活動している、20年以上のキャリアを持つ、かなり腕のよいバンドです。前座としてのパフォーマンスも数多く、チープトリック、エアロ、カンザス、スターシップ、ドゥービーブラザース、キッス、Etc.,,と、きりがない!

昨年の名古屋ライブではジミが連れて来た、というか、マネジメントオフィスがバックバンドとして依頼したのでしょう。

ドラムがめちゃイケてました。あと、ギターのリック・ムーンが 熱田神宮周辺で目撃されて 「なんで彼が日本に来てるんじゃ〜!」と、一部のコアなファンの間ではツイッターで話題騒然となったそうです。  まあ、音楽業界の人も知らなかったようですので、偶然見たファンはビックリしたんでしょうね。
Posted by さゆりん at 2014年09月25日 04:29
そうですか、STORMBRINGERはアメリカのバンドなんですね。また、KISS、AERO、DOOBIE、CHEAP TRICKら、錚々たるバンドの前座を務めてるんですね、凄い!
知りませんでした、ありがとうございます。今度YouTubeでチェックしてみようと思います
Posted by ハムバッカー at 2014年10月01日 19:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック