2017年04月09日

LIVE REVIEW : GRAHAM BONNET BAND & ALCATRAZZ

GRAHAM BONNET BAND
2017年3月14日(火) 名古屋クラブクアトロ


まさかグラハムのリーダー・バンドの単独公演が観られるなんて、夢にも思ってませんでした。いやー、長い間待った甲斐がありました!

今回はGRAHAM BONNET BAND としての公演なんですが、途中ベーシストがゲイリー・シュアに代わってALCATRAZZ のライヴとなるという、一粒で二度美味しいライヴなのです。イングウェイやスティーヴ・ヴァイは無理にしろ、どうせならヤン・ウヴェナあたりも呼んで、よりオリジナル・ラインアップに近くすればと思ったのは自分だけ?

会場である名古屋クラブ・クアトロはキャパ500人のハコ。ここは初めて来たんですが、あまりのコンパクトな会場にビックリ。最前列に詰めなくても一段高い後方からでも十分間近に観れる距離にひと安心、のんびりと開演を待ちました。

image16.JPG

そして定刻を過ぎ、あのホルストの火星のイントロが流れメンバーが登場。RAINBOW の名曲@からライヴがスタート。グラハム、声が凄く出ています。御年69歳とは思えぬパワフルなシャウトに脱帽。声が出ずオリジナル・キーで歌えなくなるベテラン・ヴォーカリストが多い中、彼の声はまさに奇跡的。

image15.JPG

新曲を挟んで、グラハムのソロ曲BCあたりが聴けるのも嬉しいね。それにしてもバンドの演奏は凄くタイトて、聴いてて気持ちがイイです。特にグラハムの恋人でもあるベースのベス・エイミー嬢は存在感抜群。ルックスも最高で、実に華があります。

ニューアルバムのリーダー・トラックEに続いて、MSG 時代の名曲F。バンドのギタリストは歴代のスーパー・ギタリスト達のコピーをするというタフな立場なんですが、なかなかソツ無く弾きこなしてます。しかし、Fのソロは、ピロピロと早弾きしちゃアカンよ。オリジナル通りに弾いてくれぃ!

泣きのイントロから始まるGが始まった瞬間、会場から大きなどよめきが。いや〜、この曲を演ってくれるなんて涙がチョチョ切れました。たぶんグラハムのキャリアの中で、この曲を演るのは初めてじゃないでしょうか? この曲を生で聴けただけでも今日来た価値有りっす。

image13.JPG

JKKの名曲3連発で、いったんグラハム・ボネット・バンドのセットは終了。ベス・エイミー嬢がいったんステージから去るんですが、その際の彼女のMC、なんとキュートな声! 見た目はちょっとツンとしていて、綺麗ですがちょっと冷たい感じの印象だったんですが、一発でファンになっちゃいました。

するとALCATRAZZ のオリジナル・メンバーの1人、ゲイリー・シュアが入れ替わりで登場。おおっデカい!(笑) 元々大きいのは知っていたんですけど、小柄なメンバーの中で、しかもグイグイとステージ前に出てくるから、まあとにかく目立つわ。

ALCATRAZZ としてのライヴは曲順の拙さもあってか、それまでの盛り上がりからちょっとトーンダウンした内容に。いや、全然悪くはないんですがQS㉑辺りでちょっとダレるのです。(その後の東京公演では、" Hiroshima Mon Amour " と " Ohayo Tokyo " (!) が演奏されたそうです。なにーっ!)

再びべス嬢がステージに戻り、ラストの㉓に雪崩れ込みます。グラハム、さすがに長丁場のせいかちょっとシャウトが辛そう。しかし会場の熱気はピークに達し、大団円を迎えました。全員揃って客席に挨拶をし、そして客席をバックにメンバー達が集まって記念写真を楽しそうに撮ってました。後日、バンドのFacebook にその写真がアップされたんですが、なんと後方に自分が映り込んでいてビックリ! 良い記念になりました、ハハッ。

image14.PNG

グラハムのライヴを観るのは今回3回目なんですが、観るたびにますます声の張りが良くなってる気がするんですが。まだまだ現役ですね。世界最高級のヴォーカルと名曲が聴ける、実にパワフルなライヴで大満足でした!


SETLIST

@Eyes of the World
ACalifornia Air
BSOS
CNight Games
DStand in Line
EInto the Night
FDancer
GSamurai
HDesert Song
IRider
JSince You Been Gone
KAssault Attack
LAll Night Long

MSE 〜 Night of the Shooting Star
NToo Young to Die, Too Drunk to Live
OSuffer me
PGod Blessed Video
QWill you be Home Tonight
RJet to Jet
SThe Witchwood
㉑Skyfire
㉒Island in the Sun

ENCORE

㉓Lost in Hollywood




宜しければワンクリックを ↓

にほんブログ村


posted by ハムバッカー at 23:01| Comment(2) | TrackBack(0) | LIVE REVIEW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする