2017年03月19日

追悼 CHUCK BERRY

ロック・ギターのレジェンド、チャック・ベリーが3月18日、ミズーリ州セントチャールズの自宅で亡くなりました。享年90歳。

黒人でありながら多くの白人のミュージシャン達に大きな影響を与え、リフ中心のギター・スタイルはその後のロック・サウンドの基盤となりました。

若者たちが共感する吟遊詩人的な歌詞に、ダック・ウォークなどの愛嬌あるパフォーマンスも人気を博し、多くのフォロワーを生み出したのです。

97年の来日公演を観ているんですが、観客を魅了するライヴ・パフォーマンスには感服した記憶があります。
ラストの曲では観客席から女の子たちをピックアップしてステージに上げ、曲のエンディング前にバック・バンドに演奏を任せてステージを去っていくというクールさは、実に彼らしいですね。

「ロックンロールを創造した者を一人に断定することはできないが、それに最も近い存在はチャック・ベリーである」 と言わしめたコメントが、彼の偉大さを的確に表現していると思うのですが。

HR/HM とは違いますが、すべてのギター・プレイヤーの源泉として君臨していた創始者、安らかにお眠り下さい。 R.I.P.


Chuck-Berry.jpg


宜しければワンクリックを ↓

にほんブログ村




posted by ハムバッカー at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | RIP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする