2016年08月16日

アゲまんバンドという言い方も裏を返せば PERSIAN RISK

そのバンドに在籍していたメンバーが何故か出世する、いわゆるアゲまんと呼ばれるバンドは色々とあります。アメリカではLONDONや ROUGH CUTT、イギリスではTYTAN など。

ちょっとマイナーではありますが、イギリスのPERSIAN RISK も、その部類に入るんじゃないでしょうか?

このバンドはNWOBHM 黎明期である79年に結成。ジョン・デヴィリル(TYGERS OF PAN TANG) フィル・キャンベル(MOTORHEAD) カール・センタンス(KROKUS) という渋い実力派ミュージシャン達を輩出、。初のフル・アルバムとなる本作は、結成からだいぶ経った86年に発表、既にジョン・デヴァリルは脱退しており、フィルとカールは在籍しています。

NWOBHM からまず連想するのは、リフまたリフの嵐という形態ですが、このバンド意外にメロディアスな方向を指針しており、Aなんかはアメリカンのバンド? と思わせるポップでメロディアス。コーラスやキラキラしたアルペシオが綺麗です。カール・センタンスの癖の無い歌い上げるヴォーカル・スタイルは非常に耳障りが良いです。

タイトル・トラックのBやDは一転、ヘヴィなリフが炸裂するハードなサウンドだ。しかし、サビがポップで英国っぽくないなー。

このバンドはFに代表されるように、いくらリフがへヴィでもカール・センタンスの歌メロが入ってくると、実にポップになるんですよ。本作が発表された86年は既にNWOBHM は壊滅的で、HR/HM のトレンドの主導権がアメリカに渡っていた事実も、彼らのサウンド・メイキングに少し影響していたのではないでしょうか?

その後MOTORHEAD に加入してレミーの片腕となるフィル・キャンベルのギターも、本作では全然彼らしくない没個性的ですし‥。

英国のバンドという事実を置いといて聴くと、メロディアス・ハード的な好盤と呼ばれる事に納得がいきます。しかし、個人的にブリティッシュ・ロックはもう少し湿り気のある、誇り高きサウンドであって欲しいのですが。

最初に書いたアゲまんバンドという言い方も、裏を返せば実力ミュージシャンが踏み台としていったバンドとも取れるんですよ。う〜ん。


R-3783426-1344251057-5548_jpeg.jpg


RISE UP / PERSIAN RISK (1986)

@Hold the Line
AJane
BRise Up
CBrave New World
DDon't Turn Around
ESky's Falling Down
FBreak Free
GDark Tower
HRip it Up
IWoman and Rock
JToo Different *
KSky's Falling Down *
LDark Tower *

* CD BONUS TRUCK


歴史的インパクト  個人的思い入れ 
ジャケット・デザイン  レア度 ★★★
イチ押しポイント 英国という先入観を捨てて聴けばイイかも。


宜しければワンクリックを ↓

にほんブログ村




posted by ハムバッカー at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする