2015年09月05日

70年代の個性的なブリティツシュ・ロックは素晴らしい BABE RUTH

70年代のブリティッシュ・ロックの中で、女性ヴォーカリストを擁したバンドとして私が最も印象に残っているのが、BABE RUTH です。

このバンド名、もちろんアメリカ大リーグの有名選手の名前なのですが、なんで野球の文化の無い英国のバンドがこの名前? と不思議に思うでしょう。これは紅一点のヴォーカリスト、ジェニー・ハーンがバンドの加入前にアメリカのバンドに在籍していたことがあり、その彼女のアイディアからBABE RUTH という名前に決まったそうです。

肉感的なルックスが麗しいジェニー・ハーンの張りのあるヴォーカルと、印象的なスパニッシュ・ギターを織り成すアラン・シャンクロックの2枚看板を売りに、ロック・プログレッシヴ・ジャズ・トラッドなどの要素をミックスしたサウンドは、本国イギリスよりアメリカ (特にカナダ) で人気を博しました。これはもしかして、バンド名も影響していたのかな?

ロジャー・ディーン作のポップでコズミックなジャケットがナイスな彼らのデビュー・アルバム。タイトルもズバリ、 「First Base」 (笑)

アランの硬質なギター・リフから始まる@は、ジェニーのパワフルなヴォーカルと、途中から入るホーンが曲をグイグイと引っ張っていきます。演奏時間が6分以上の曲ですが、なんとシングル・カットされました。まさにオープニングにふさわしい、ファンキーでノリノリなサウンドだ。

@から一転、物哀しいピアノとストリングスをバックにジェニーが切々と歌い上げる7分以上の大作Aは、BABE RUTH の美しい側面を見事に打ち出してます。エンディングまで続く4分以上の壮大なストリングスは、なんとも雄大で感動的です。

ロック界の鬼才、フランク・ザッパのカヴァーBは、オリジナルのファンキーなイメージとは裏腹にクールにアレンジされたインストとなってます。

Dは、クリント・イーストウッド主演のマカロニ・ウェスタン映画 「夕日のガンマン」 のテーマを大胆に導入。アランの真骨頂であるラテン調のギターが全編にて炸裂。実にジャジーな雰囲気で、彼らの曲の中で最も知られているナンバーかもしれません。

ラストのEはジェニーとアランのツイン・ヴォーカルが他の曲との毛色の違いを醸し出してます。7分を超える大曲なのに、最後まで一気に聴かせてしまうサウンドの妙は絶品だ。

巷ではギター・サウンドが強調され、ハード・ロック度を増した3rd.が最高傑作とみなされてますが、個人的に様々なジャンルを見事にブレンド、昇華されたデビュー作が一番のお気に入りです。

この作品はハード・ロックよりプログレッシヴ・ロックのフィールドで語られることが多いんですが、イイものはイイんです! しかも女性ヴォーカルのバンドとしては出色の出来だと思います。70年代の個性的なブリティツシュ・ロックは皆、素晴らしいね!


41mtXoykkyL.jpg


FIRST BASE / BABE RUTH (1972)

@Wells Fargo
AThe Runaways
BKing Kong
CBlack Dog
DThe Mexican
EJoker


歴史的インパクト ★★ 個人的思い入れ ★★★
ジャケット・デザイン ★★★ レア度 ★★
雷イチ押しポイント雷 実にインテリジェンスなブリティッシュ・ロックだ


宜しければワンクリックを ↓

にほんブログ村




posted by ハムバッカー at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする