2015年06月24日

斬新と言うか意表を突いているのか ARRESTED

ハード・ロックとクラシックは70年代から非常に密接な関係にあり、その様式美的な共通点から自己の音楽性に投影するミュージシャンは少なくありません。

そのハード・ロックとオーケストラとの共演は、DEEP PURPLE、NICE、そして最近はイングウェイ・マルムスティーンがよく知られてますね。

本作 「ARRESTED」 は、ロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラとハード・ロックとの共演作品なんですが、何故か取り上げられたのがTHE POLICE の楽曲という、斬新と言うか意表を突いているのか非常に興味深い作品となってます。

ロック界きってのキーボード・プレイヤー、ドン・エイリー総指揮の元、まさにブリティッシュ・ロックの重鎮達が集結。名の知れたミュージシャンだけでも、ゲイリー・ムーア、イアン・ペイス、ニール・マーレイ、グラハム・ボネットなど、実に豪華なラインナップだ!

ただし、これはROCK な作品ではありません。そう思って聴くと、ちょっと肩透かしを食らいますよ。

@BEは本作用に書き下ろしたインスト楽曲、その他はTHE POLICE のヒット曲が並んでます。

クラシックやジャズに精通したドン・エイリーのセンスが随所に表現された音作りに、THE POLICE ならではの非常にポップなメロディ・ラインが乗った実に心地よく、荘厳なクラシック・サウンドにアレンジされてます。

インスト曲が多い中、本作で異彩を放っているのはグラハム・ボネットがヴォーカルを取るDで、彼の力強い歌声とシャウトは瞬時にして楽曲をクラシックからロック・サイドへ引っ張ってしまう個性的な色合いを持っていて凄いな。

ゲイリー・ムーアもDEFGでプレイしてますが、 「ゲイリー、何処?」 って感じです (笑) 。唯一Gでのオリエンタルなギター・プレイが、彼らしさを垣間見ることが出来ますが。

本作は、ブリティッシュ・ハード・ロック系のミュージシャンは、どんなジャンルにも器用にアプローチが出来るんだという事を証明していると思います。

まあ、リラックスしたい時に聴くには、非常に安らぎを与えてくれるサウンドで、私は個人的に大好きですけど。



arrested.jpg



ARRESTED / ARRESTED (1983)

@Overture
ADe Do Do Do,De Da Da Da
BReleased 〜 Every Little Thing She Does is Magic
CRoxanne
DTruth Hits Everybody
EArrested
FMessegu in a Bottle
GInvisible Sun
HWalking on the Moon
IDon't Stand So Close to Me


歴史的インパクト  個人的思い入れ ★★
ジャケット・デザイン ★★ レア度 ★★★
雷イチ押しポイント雷 これはクラシック・アルバムです


宜しければワンクリックを ↓

にほんブログ村




posted by ハムバッカー at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする