2014年05月15日

追悼 HR Giger

映画「エイリアン」のクリ―チャーのデザインで名を馳せ、数々のロックのアルバム・ジャケットも手掛けたスイス人デザイナー、H・R ギーガーが5月12日に自宅の階段で転倒。頭部強打より搬送先の病院にて亡くなりました。享年74歳。


IMG_5988.jpg


こちらが有名な「ALIEN」のクリ―チャー。そのフォルムは素晴らしい!



51janGPGiSL__SL500_AA300_.jpg


EMERSON LAKE & PALMER / BRAIN SALAD SURGRET



御存知プログレッシヴ・ロックの最強トリオ、EL&P の最高傑作。本作のジャケットの原画は、2005年のギーガー自身の個展の開催中に盗難にあい、現在も行方が分からないとの事。懸賞金もかかっているそうです。



5160rNOOJIL__SL500_AA280_.jpg


DEBBIE HARRY / KOO KOO
 


NYアンダーグランドから飛び出し、「Heart of Glass」 「Call Me」 「The Tide is High」 のヒットを飛ばしたBLONDIE の女性フロントマン、デボラ (デビー) ハリーの1981年のソロ作品。串刺しのデボラの顔がエグい!



51H4C3dU0OL__SL500_AA300_.jpg


TO MEGA THERION / CELTIC FROST



同郷スイスの出身のせいもあってか、最もギーガーと親交が深かったバンド、CELTIC FROST の85年作品。
キリストを冒涜した強烈なアルバム・ジャケットもさることながら、冷たくも暴力的なサウンドは限りなくへヴィだ。




516akPAa--L__AA160_.jpg


ATOMIC PLAYBOYS / STEVE STEVENS



ビリー・アイドル、マイケル・モンロー、ヴィンス・ニールとの共演で知られるギタリスト、スティーヴ・スティーヴンスの89年作品。タイトルがカッコイイね。
本作のヴォーカルはWARRIOR のペリー(パラモア)マッカーティー。彼のヴォーカルはWARRIOR 時代から大好きです。隠れた名盤。




51FBTTZAA4L__SL500_AA300_.jpg


HEARTWORK / CARCASS



デス・メタルの帝王と呼ばれたCARCASS が、メロディを導入して音楽性を広げたとされる本作は、常に問題作と最高傑作の両面から語られることの多い作品。



まだまだたくさんのアルバム・ジャケットを手掛けてますが、ギーガーの作品全てに共通しているのは、冷たくも浅黒い銀色 (メタリック) の配色に、何とも不気味かつメカニックなデザイン。ロジャー・ディーン、ヒプノシス、ロドニー・マシューズと並び、一目見て誰の作品か分かる強烈な個性を放射してました。R.I.P.


00_m.jpg



宜しければワンクリックを ↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村


posted by ハムバッカー at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | RIP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月05日

「凄い」 と 「好き」 とは別次元の話です QUEENSRYCHE

バンドが分裂する理由として、音楽性の相違や人間関係のもつれなどをよく聞きますが、実際は 「金」 が絡んでいることがほとんどで、人間の欲とは何ぞやというのをひしひしと感じさせます。

そして、分裂したバンド双方が同じバンド名を名乗るという、なんともややこしい展開となる事例がこれまでにもありました。GREAT WHITE 然り、TANK 然り。

そう、今回紹介するのはもうお分かりでしょう。 (笑) QUEENSRYCHE です。

彼らの場合、最終的にジェフ・テイトが首となりましたが、マネージャーを務めるジェフの妻に対して他のメンバーが、金の不明瞭さ等に疑問を抱いたのが大方の理由でしょう。

その後多くのバンドと同様に、分裂した双方がバンド名の権利を主張する、泥沼の法廷闘争が始まるのです・・、おいおい。

83年にEMIよりメジャー・デビューした彼らは、MOTLEY CRUE、RATT をはじめとしたグラマラスなLAメタルの中で、JUDAS PREIST ばりのサウンドを引っ提げて、私を含むブリティッシュ寄りのファンの心をムンズとわし掴みにしました。その作品がセルフ・タイトルの 「QUEENSRYCHE」 なのです。

硬質かつ攻撃的なリフに導かれて炸裂するジェフ・テイトのハイトーン・ヴォイスが強烈な@は、ウエットなメロディに美しいツイン・リード、もう涙がチョチョ切れます。さらにCの静と動のコントラストがはっきりとした、初期のJUDAS を踏まえたようなドラマティックな展開に、もはや 「参った!」 としか言えません。

正統派という名の元に、実は個性が全く無くてむりくり正統派としか表現・分類出来ないエセ正統派バンド達が蔓延する中、QUEENSRYCHE の登場は私の希望の光でした。

たった5曲のミニ・アルバム (LP発売時は確かDを除く4曲 )ですが、そのインパクトは物凄く、その後多くのジェフ・テイトのクローン・ヴォーカルが世に溢れました。本作はビルボードTOP100のランク・インし、その後名作との誉れ高い 「OPERATION : MINDCRIME 」を発表、バンドとして絶対的な地位を確立します。

ただ個人的には、難解になっていく彼らに1st.程の良さを感じることはありませんでした。確かに凄いとは思いましたが、 「凄い」 と 「好き」 とは別次元の話です。スティーヴ・ヴァイのギター・プレイは凄いと思うが、全然好きじゃないというのと一緒かな?(笑)

メイン・ソングライターのクリス・デガーモが脱退した時点で、バンド内部がおかしくなってしまったような気がします。いっそのこと再びヨリを戻して、初期のサウンドを彷彿させる作品を改めて作って欲しいんですが。無理かな〜。



51jCNmS0q-L__SL500_AA300_.jpg


QUEENSRYCHE / QUEENSRYCHE (1983)

@Queens of the Reich
ANightrider
BBlinded
CThe Lady Wore Black
DThe Prophecy *

* CD ONLY


歴史的インパクト ★★ 個人的思い入れ ★★★
ジャケット・デザイン ★★ レア度 ★★
雷イチ押しポイント雷 最近こういうバンドが少なくて寂しいっす


宜しければワンクリックを ↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村




posted by ハムバッカー at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする