2014年01月31日

決して40歳まで生きられなかった愚か者の1人だった TOMMY BOLIN

リッチー・ブラックモアの後任としてDEEP PURPLE に加入したトミー・ボーリンは、25歳でその短い生涯を終えるまで、様々なトラブルに翻弄された人生を送りました。

この才能豊かなギタリストのハード・ロックからはみ出した幅広い音楽性が、PURPLE の未来を推進していくんだとバンドのメンバーからも大きな期待を寄せられましたが、彼の常用していた薬物が、その後の人生に大きな影を落とすのです。

スタジオでは素晴らしいプレイを披露したにもかかわらず、ロード生活に入ると常用していたヘロインの影響から満足なプレイする事が出来なくなり、 ” ドラッグ・ブラザーズ ” と呼ばれた (笑) グレン・ヒューズと自分勝手なジャミングを延々と繰り返し、他のメンバーを当惑させるという悪循環に陥ります。

そしてバンド末期である75年の日本公演では、前公演先の東南アジアで摂取した質の悪いヘロインの影響によりトミーの手は痺れて指は動かずに、ボトル・ネックのプレイに終始。ジョン・ロードのキーボードが殆どのギター・ラインを弾いたという異常事態が起きました。

イアン・ペイスが後に、トミーはパーティーに出かけて、テーブルに置いてある錠剤をまず飲んでから 「これは何だった?」 と言うんだ。アスピリンかもしれないし、毒薬かもしれないのに。トミーは決して40歳まで生きられなかった愚か者の1人だった。彼は何度も引き金を引いていたら、いつか必ず銃弾が出てくるという事が理解出来ない奴だった。と語っていました ‥。

しかし、PURPLE 解散後はその知名度も手伝ってか、無事メジャー・レーベルとの契約を果たし、ソロアルバムの制作に入るのですが、悲しいがな契約金の殆どを関係者に搾取され、残り僅かな予算でアルバム制作を続ける事となります。

そんな満身創痍の中、発表されたソロ2作目 「PRIVETE EYES」 は、ロックにジャズ・フュージョン・レゲエ・ボサノバなど色々なジャンルの音楽性をブレンドした、まさに時代を先取りした作品となったのです。

まず、最初に言っておくと、本作はハード・ロックのアルバムじゃありません。冒頭の@から 「スティーヴィー・ワンダー?」 と思わせる曲調にビックリ!Eのゲストにカーマイン・アピス (JEFF BECK GROUP/OZZY OZBOURNE/KING COBRA/BLUE MURDER など) が、ハード・ロック系では唯一参加してます。しかし、その曲すらハード・ロックのカタルシスは微塵も感じられません。

時折速いパッセージで弾かれるギター・プレイに 「おっ!」 と身を乗り出しそうになりますが、全体的にあまりにもジャジーな本作は、個人的にもちょっと聴いてて辛いところがあります。Fの綺麗なバラードは、割と好きなんですが。

本作発表とほぼ同時期にジェフ・ベックが名作 「WIRED」 を発表。ロックとジャズを見事に融合した作品として高い評価を受け、ジェフはスーパー・ギタリストの称号を残すこととなりますが、もしトミーが真っ当に生きていれば、ジェフと同様ににギタリストとしての名声を手にしたんじゃないかと思うのは私だけでしょうか?

なお、不思議な因果ですがトミーが亡くなったのは、なんとそのジェフ・ベックの前座としてのツアー中で、ヘロインのオーヴァードーズにより生き急いだ生涯を終えたのです。合掌。



51xmCvdolwL__SL500_AA300_.jpg


PRIVATE EYES / TOMMY BOLIN (1976)

@Bustin' Out for Rosey
ASweet Burgundy
BPost Toastee
CShake the Devil
DGypsy Soul
ESomeday Will Bring Our Love Home
FHello Agian
GYou Told Me That You Loved Me


歴史的インパクト ★★ 個人的思い入れ 
ジャケット・デザイン ★★ レア度 ★★
雷イチ押しポイント雷 ドラッグはいけません!


宜しければワンクリックを ↓

にほんブログ村





posted by ハムバッカー at 23:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月13日

狂気を誘う不穏さを強烈に印象づけ SAVATAGE

80年代に勃発した華やかなLAメタルの裏で、それとは全く対照的に欧州の湿ったサウンドを持ったバンドが突如アメリカから登場して、私を狂喜乱舞させました。

その一つがWARLORD であり、残るもう一つのバンドが今回紹介するSAVATAGE です。

WARLORD が正統派ヨーロピアン・ロック風に武装していたのに対して、SAVATAGE はよりナスティかつアグレッシヴなサウンドを放射し、そのイメージはは狂気を誘う不穏さを強烈に印象づけます。アルバム・ジャケットを見ただけでも、この上ない不気味さを醸し出しており、まるでエコエコアザラクの世界だ。(知ってる?)

78年にジョンとクリスのオリヴァ兄弟を中心に、バンドはフロリダにて結成。地元ラジオ局が制作したコンピレ−ション・アルバムに提供した楽曲が注目を浴び、それをきっかけにハリウッドのマイナー・レーベルと契約を凍結。それまで名乗っていたバンド名のAVATAR からSAVATAGE に改名し、本作発表の運びとなりました。

壮大なアルペシオに導かれて鳴り響く宗教的な鐘の音、そして、それを切り裂くザクザクとしたリフが肌に突き刺さるような衝撃のイントロを催す@は、SAVATAGE 史上燦然と輝く名曲中の名曲で、現在のライヴでも必ず演奏されています。クリス・オリヴァのデヴィリッシュなギター・フレーズは他の追随を寄せ付けぬ力強さですし、ジョン・オリヴァのヴォーカルもヘタウマながらも存在感抜群。終盤におけるシャウトが奇怪極まりないぞ!

曲の中盤から狂おしく疾走するBや、サビの 「レーイジ ♪ 」 の絶叫が鳥肌モノのC、正統派ながら超カッコいいリフに、哀愁を帯びたヴォーカル・ラインが重なるGまで緊張感が持続し、ラストの唯一のメジャー・キーであるHまでスリリングに展開する本アルバムは、まさに衝撃的です。

クリス・オリヴァのギターがバンド・サウンドの要であることは明白であり、当時のLAに蔓延したテクニックだけをひけらかすギタリストとは一線を画す個性的なフレーズは、ダークでありながらとても新鮮でした。残念ながらクリスは、93年に交通事故によってこの世を去ってしまうのですが・・。

本作はマイナーながらも全米でなんと15,000枚を売り上げ、それを手土産にメジャーのAtlanticと見事契約。90年代中盤までコンスタントに作品を発表します。

80年代にメジャー・レーベルと契約したLAのバンドの中で、90年代まで契約を継続していたバンドが一体いくつあったんでしょうか? そう考えると、彼らは地味ながらも凄かったんですね。

オペラティックなサウンドに変貌した80年末期の頃からの方が、セールス・知名度ともSAVATAGE は有名ですが、見落とされがちな初期の傑作である本作は、イギリス寄りのサウンドが大好物なリスナーには必聴。凄いよ。



61bnepla5dL__SL500_AA280_.jpg


SIRENS / SAVATAGE (1983)

@Sirens
AHolocaust
BI Believe
CRage
DOn the Run
ETwisted Little Sister
F Living for the Night
GScream Murder
HOut on the Streets


歴史的インパクト ★★ 個人的思い入れ ★★★
ジャケット・デザイン ★★ レア度 ★★
雷イチ押しポイント雷 ダークかつデヴィリッシュ、ゾクゾクさせるぜ


宜しければワンクリックを ↓

にほんブログ村




posted by ハムバッカー at 23:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする