2018年02月01日

1987年 My年間ベスト・アルバム Part2

前回に引き続きまして、1987年My 年間ベストアルバム・ベスト10、第5位からの発表です。


第5位


23DdJFFxwzCbr3rl6w6_fCuqXL5VxqvSovW_qitwzUleoJtJPlBq67HYShIBTW6qoBuTcccgeB_Ld_hmv7YmDLplgjCqQiGE_usY6S_chhsUD9lK7n4GYa4D_k.jpg


ROCK 'N' ROLL / MOTORHEAD

@Rock 'n' Roll
AEat the Rich
BBlackheart
CStone Deaf in the U.S.A.
DThe Wolf
ETraitor
FDogs
GAll for You
HBoogeyman


前作 「ORGASMATRON」 がアメリカでスマッシュ・ヒット。そして嬉しいことにフィル・アニマル・テイラーがバンドに復帰。レーベル倒産に伴う活動停止から、ようやく彼らにも運が巡ってきました。

出戻ったフィルの影響もあってか本作は初期を彷彿させる爆音R&R サウンドに回帰しており、オールド・ファンも納得の内容。@のイントロのドラムからカッコイイ! う〜ん、ロックしてるね。

その他スライド・ギターがフューチャーされたAC、跳ねる様なリズムが印象的なE、そして実にポップなラブソングGなど新機軸も満載。それらすべてがMOTORHEAD らしく消化されているのには驚きだ。

前作、本作と充実した作品を連発し、90年にアメリカのメジャー・レーベル 「Epic」 と見事契約。本格的なアメリカ制覇を目指してバンドは成功の階段を昇って行くんだなと、個人的にはニンマリしたものです。

しかし、メジャー・レーベルに居られる安心感と裏腹の、メジャー・レーベルの居心地の悪さがこの特異なバンドを直撃。その後のMOTORHEAD に大きな影を落とします‥。





第4位


Ciqj2lBxwzAeJGZu9ofv8SNSc_Ee9FA7T7ahrHsec_GpSL27C3Bpum6FHO5Au7dOeBH96TrQLDH9nofPIN0RdDaAfouVq1ENI0uO_u0M_TiR1d_ZhpvhjJRtWcd3Z_wJToo.jpg


DREAM EVIL / DIO

@Night People
ADream Evil
BSunset Superman
CAll the Fools Sailed Away
DNaked in the Rain
EOverlove
FI Could Have Been a Dreamer
GFaces in The Window
HWhen a Woman Cries


オリジナル・ギタリストであるヴィヴィアン・キャンベルの脱退劇はバンドにとって大事件となりましたが、前作 「SACRED HEART」 の出来栄えを考えると、ある意味仕方が無いのかなと感じました。

新ギタリストにROUGH CUTT のクレイグ・ゴールディが加入。ヴィヴィアンがゲイリー・ムーアに大きな影響を受けていたのに対し、本作のクレイグのプレイはズバリ、リッチー!

疾走感溢れる@E、マジカルなA、なんとDIO 名義で初のバラードC、そして隠れた名曲Gなど良い曲が意外に多いんですよ。

発売当時は賛否両論あったアルバムで、後にロニーはクレイグに対して 「ヴィヴィアン程ギター・プレイに即興性が無かった。」 とこぼすなど、比較的地味な扱いの作品だと見なされてました。

しかし、自分的には1st. に続く名盤と断言します! この頃のロニーと、強い野心を持ったクレイグとの相性は最高でした。その後はちょっと ‥ ですが。(笑)




第3位


61LKDvPUm0L__AC_UL160_.jpg


WHITESNAKE / WHITESNAKE

@Crying in the Rain
ABad Boys
BStill of the Night
CHere I Go Again
DGive Me All Your Love
EIs This Love
FChildren of the Night
GStraight for the Heart
HDon't Turn Away


WHITESNAKE 史上最大のヒット作で、アメリカ制覇を果たした名盤中の名盤。発売当初は国内発売の前に偶然輸入盤店で見かけて即購入。早速聴いたのですが、前作からのリメイク@が凄くヘヴィで、カッチョエ〜なと感じた事を思い出しました。

SUPER ROCK '84 で観たライヴ・サウンドをそのままパッケージした楽曲は文句無し、出世魚のような存在となったジョン・サイクスが全編にてバリバリと弾きまくってます。

それまでのブルージー過ぎる雰囲気をかなぐり捨てた所が成功のポイントであり、デイヴィッドのヴォーカルはスクリーム中心となりヘヴィ・メタル色がドーンと濃くなりました。まあ、昔のサウンドも個人的には好きなんですが。

捨て曲の無いアルバム構成に印象的なPV、ジャケット・デザインも含めて、まさにアメリカン・ドリームを絵に描いたような売れ方でした。

結局DEEP PURPLE の出身者で一番BIG になったのは、デイヴィッド・カヴァーデイルでしたね。やり方に賛否両論はあるものの、正直彼のビジネスの才覚は目を見張るものがあります。それがこの世界で何十年も生き残っている秘訣なのですから。






第2位


無題b.png


ETERNAL IDOL / BLACK SABBATH

@The Shining
AAncient Warrior
BHard Life To Love
CGlory Ride
DBorn To Lose
ENightmare
FScarlet Pimpernel
GLost Forever
HEternal Idol


この頃のSABBATH は興行的に全く振るわずバンドは非常に危うい状態でしたが、それとは裏腹に素晴らしいアルバムを次々と提供してくれました。本作は様式美SABBATH 3部作 (?) の1作目。

レコーディング開始から終了まで、ヴォーカル、ベース、ドラム、はたまたプロデューサーまでが変わってしまった事実にはビックリですが、そんなことを微塵も感じさせないウエットなブリティッシュ・サウンドがアルバム内に脈打ってます。

ロニー・ジェイムズ・ディオに声質がよく似た本作デビューのトニー・マーティンが大活躍しており、" Heaven and Hell " のイントロを想起させる@から、まさにSABBATH 独特の妖しい様式美が全開。ハードなCD、官能的なラストのHまで非常に統一感を持った楽曲は、トニー・アイオミの裏打ちされたセンスが反映されてますね。

クレジットこそありませんが、途中からアルバム制作に参加していたボブ・デイズリーの貢献度も非常に大きいんじゃないでしょうか。

80年代初期のブリティッシュ・ロックに直結するサウンド、素晴らしいなー。何故かこの頃のSABBATH の作品が軽視される事自体、不思議でなりません。時代に即わなくても、イイものはイイのです!






第1位
 

H06Zf9FxwzD8a3IC7ZbmnDalnkVJy5CJ74qXxDUyZVObFevNpJ2oy283MCnwRoisQ7Asxv35bD6w9T7xiMZTcBYW_p62GqPCyLAssyoyb90vc90rKAL8C8PRUfAdR7o71jKnDGeapYmEguhvTQ--.jpg


VINNIE VINCENT INVASION /VINNIE VINCENT INVASION

@Boys Are Gonna Rock
AShoot U Full of Love
BNo Substitute
CAnimal
DTwisted
EDo You Wanna Make Love
FBack on the Streets
GI Wanna Be Your Victim
HBaby-O
IInvasion


KISS を脱退したギタリスト達の先陣をきって発表されたヴィニーのアルバムは、KISS 在籍時のソング・ライティングの貢献度の高さから非常に期待をしてたんですが、その全貌はあっと驚くべき内容でした。

とにかくギター、ギター、ギターと全編にて弾き倒し、相当ブチ切れてます。(笑) ヴィニーはKISS にいる頃、ギター・プレイを相当押さえつけられていたのが容易に想像つきます。

もちろん彼のソング・ライティングも素晴らしく、ポップ・センス溢れるキャッチャーなサビ、コーラスは健在。@からノリノリのハード・ロックが続きます。KISS でもポール・スタンレーのヴォーカルで一度録音されたらしいFも改めて収録、名曲だな〜。

以前JOURNEY に入り損ねたヴォーカリスト、ロバート・フライシュマンのハイトトーン・ヴォーカルもまさに脳天を突き抜ける様な勢いで、ヴィニーのギターとの相性も抜群だ。 (残念ながらアルバム発売を待たずに脱退)

本作はクリサリス・レーベルの新人アーティストでの最大の売り上げを記録。その事実に相応しいメタリックかつキャッチャーなアルバムです。この時点で本作が彼らの最高到達点であったとは思いもしませんでしたが。






宜しければワンクリックを ↓

にほんブログ村


なんとか1月中にまとめることが出来ました。(汗) 本年度も御贔屓にして下さいね〜  

posted by ハムバッカー at 00:05| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

追悼 FAST EDDIE CLARKE

MOTORHEAD のオリジナルメンバーであり最後の生き証人、ファスト・エディ・クラークが1月10日、肺炎のために亡くなりました。享年67歳。

エディのギター・スタイルは、よく聴くと初期のエリック・クラプトンに影響を受けたブルージーなプレイで、ペンタトニックを主体としたスリリングなソロがMOTORHEAD の爆音サウンドの中でクッキリと存在感を放ってます。

バンド脱退後に結成したFASTWAY ではそのスタイルがより明確となり、ヴォーカリストの唱法も相俟ってか、ZEPP を彷彿させました。

遂に3人とも逝ってしまいましたね、きっと天国でも爆音でジャムしているでしょう。R.I.P.


80680.jpg







posted by ハムバッカー at 23:38| Comment(0) | RIP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

追悼 CHRIS TSANGARIDES

イギリスを代表するプロデューサー、クリス・タンガリーディスが1月7日に肺炎・心不全により亡くなりました。享年61歳。

ゲイリー・ムーア、イングウェイ・マルムスティーンなど気難しい一流ギタリストとの仕事や、BLACK SABBATH、JUDAS PRIEST、THIN LIZZY ら大物バンドらのプロデュースも手掛け、またジョン・サイクスのTHIN LIZZY 加入を橋渡しをするなど、HR/HM の歴史的な役割を果たしてきました。

エンジニア出身らしい生々しいサウンドを録るのが得意であり、特に彼の手掛けたギターサウンドは多くのミュージシャン・ファンに感動を与え、傑作アルバムも彼の手によって数多く生み出されたのも事実です。

個人的には、THIN LIZZY「THUNDER AND LIGHTNING」 ANVIL「METAL ON METAL」  IAN GILLAN「TOOLBOX」が彼の手掛けた作品のベスト3です。

まだまだこれからという年齢なのに、早すぎる死が悔やまれます。R.I.P.


001.jpg







posted by ハムバッカー at 22:22| Comment(0) | RIP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月04日

1987年 My年間ベスト・アルバム Part1

Happy New Year! といっても三賀日はとっくに過ぎてますが。(笑)アッという間の一年でした。光陰矢の如し! さあ、毎年恒例の30年前にタイム・スリップ! 1987年ベストアルバムを発表します。


その前に、1987年はどんな年だったんでしょうか?

地価の異常高騰、財テクブーム
俳優・石原裕次郎が死去
東北自動車道が全線開通
安田生命が,ゴッホの「ひまわり」を53億円で購入
銀座で1坪1億円を突破
郷ひろみと二谷友里恵が結婚
広島の衣笠祥雄選手が連続試合出場2131の世界新記録を樹立
フジテレビ系列のテレビ番組「夕やけニャンニャン」が放送終了、おニャン子クラブが解散
日本初の女性エイズ患者を認定
アサヒビールが日本初の辛口ビール「アサヒスーパードライ」を発売
金賢姫による大韓航空機爆破事件発生


時代はバブリー、景気のいい話が多いですね。あの頃は良かった…。


では、ベスト10の発表です。ジャン!


第10位


nennkann1.png


FUTURE WORLD / PRETTY MAIDS

@Future World
AWe Came to Rock
BLove Games
CYelloew Rain
DLoud' N Proud
ERodeo
FNeedless in the Dark
GEye of the Storm
HLong Way to Go


デンマークから衝撃のデビューを果たしたPRETTY MAIDS がアメリカ進出に焦点を合わせて制作したアルバムであり、楽曲の洗練度やサウンドもまさにメジャー級に大変身!

キーボードを前面に配し、疾走ナンバーやパワー・バラードなどが盛りだくさん。しかも楽曲が決して軟弱になっていない所に好感が持てます。

スピード感溢れる@は本作のハイライト、キーボードとギターのバランスが絶妙だ。ただ、ロニー・アトキンスのヴォーカルは、ガナる箇所と普通に唄う箇所があまりにも落差があり過ぎて、 「これって、ツイン・ヴォーカル?」 と最初思っちゃいました。まあ、キング・ダイヤモンドみたいな気色の悪い (笑) 落差じゃないのでご安心を。

ただ、JIMI HENDLIX、LED ZEPPELIN、KISS らと仕事をした大物プロデューサー、エディ・クレイマーを本作で起用したがバンドとの折り合いが悪く、後にメンバーたちはアルバムのプロデュースに不満をぶちまけていたという逸話が。

そういった点を差し引いても、本作は名盤の部類に入るんじゃないでしょうか。様式美溢れる 「RED, HOT AND HEAVY」 も最高ですが、2枚合わせて聴き比べてみるとそれもまた面白いでしょう。






第9位


nennkann2.jpg


INSIDE INFORMATION / FOREIGNER

@Heart Turns to Stone
ACan't Wait
BSay You Will
CI Don't Want to Live Without You
DCounting Every Minute
EInside Information
FThe Beat of My Heart
GFace to Face
HOut of the Blue
IA Night to Remember


産業ロックと揶揄されてハード・ロック・ファンから評判が良くないって、とんでもございません! FOREIGNER は長い間、素晴らしい楽曲をずっと生み出し続けてきました。

個人的には、初期の6人編成時のちょっとプログレッシヴさが加味されたサウンドの頃が一番好きなんですが、まあミック・ジョーンズとルー・グラムが揃っていればそれだけで最高です。しかし本作発表前はルーのソロアルバムの発表に端を発した行き違いから彼らの関係に緊張感が走り、解散するのではないかとの噂も飛び交う事に。

大混乱の中、結局2人は和解して何とかアルバムの発表に漕ぎ着け一安心。いつものクールで高品質の作品を提供してくれました。

キーボードを極力抑えたロックな作品にしようとの要望でミック自身がプロデュース。全米チャート・トップ10にBCを送り込むあたりはさすがです。特にエッジがあってメロディアスなBはまさにFOREIGNER節、思わずサビを口ずさんでしまいます。

今後もずっと続いていくんだなと期待していたのも束の間、本作発表後ルーが本当にバンドを脱退。その後一度出戻りますが、2人のコラボレート作品としては本作がエンディングだった様な気がします。






第8位


nennkann3.jpg


EZO / EZO

@House of the 1,000 Pleasures
AFlashback Heart Attack
BMr. Midnight
CHere it Comes
DI Walk Alone
EDestroyer
FBig Changer
GKiss of Fire
HDesiree


「隠れて何をしてたんだ!」 とのキャッチコピー (笑) 同様、なんとKISS のジーン・シモンズをプロデューサーに引っ張り出し、全米デビューとなる本作を発表しました。

ジーンがプロデュースを引き受けた経緯はよく分かりませんが、FLATBACKER 時代のパンキッシュな雰囲気は影を潜め、ほぼ全編ミディアムテンポの重厚なサウンドに統一。メンバーがメイクを施した姿も、ジーンの影響が大きいのか?

MASAKI のヴォーカルは驚くほどの強靭さを持ち、重低音中心の音像と相俟ってアルバム全体に独特のうねりをもたらしてます。

CやGのようなキャッチャーな曲や、疾走するラストのHも雰囲気を損なうこと無く、アルバムの良いアクセントに。

アメリカでの成果は正直言ってサッパリでしたが、この作品は今聴いても非常に聴き応えがあります。隠れた名盤ですよ。あと3年ほど後に発表されていたら、何かが起こっていたかも!






第7位


nnennkann4.png


TOTAL CONTROL / JOHN NORUM

@Let Me Love You
ALove Is Meant To Last Forever
BToo Many Hearts
CSomeone Else Here
DEternal Flame
EBack On The Streets
FBlind
GLaw Of Life
HWe'll Do What It Takes Together
IIn Chase Of The Wind
JWild One


「THE FINAL COUNTDOWN」 がアメリカで大ブレイク。まさにこれからという時に、成功に背を向けて突然の脱退。いったい何が起こったの? と思いました。

原因は、「THE FINAL COUNTDOWN」のギター・プレイには絶対の自信を持っていたのに、ミックスの段階でギターの音を奥に引っ込められた事と、ジョーイ・テンペスト主導の元にポップ化、アイドル化していくバンドに嫌気が刺した事が理由らしいのです。

ヨラン・エドマン、マルセル・ヤコプという同郷そして旧知の仲間をメンバーに迎えてその鬱憤を晴らすがごとく、本作は初期のEUROPE を彷彿させるギター・オリエンテッドな作品を叩きつけてきました。

彼が師と仰ぐゲイリー・ムーア、大好きなフィル・ライノットへの影響が如実に表れてるのが微笑ましく (Jのカヴァーのヴォーカルはフィルそっくりで笑える) これならEUROPE を辞めて正解だったと思います。

バンドを辞めたギタリストのソロアルバムってのは、独りよがりのテクニカルさが鼻に就く作品が非常に多いのですが、本作はヴォーカルを加えたことが功を奏しました。ジョンは様式美的な楽曲の上でバリバリと弾きまくる姿が一番似合ってますね。







第6位


nennkann5.png


FIGHTING THE WORLD / MANOWAR

@Fighting the World
ABlow Your Speakers
BCarry On
CViolence and Bloodshed
DDefende
EDrums of Doom
FHoly War
GMaster of Revenge
HBlack Wind, Fire and Steel


漢の中の漢と言えるバンドMANOWAR、「偽へヴィ・メタルに死を」 をいうジョー・ディマジオ閣下の言葉はあながち間違いじゃございません。

自分はこのバンドの持つコテコテのメタル・サウンドも好きですが、彼らの持つROCK 'N ROLL 的なノリや、キャッチャーな楽曲も同じくらい好きなんですよ。

本作はデビューアルバム以来のキャッチャーさを持った作品で、ライヴでの定番であるタイトル・トラックの@からもうノリノリです。何故かブリッジの方がサビより印象的で耳に残るのが不思議だ。それにBなんかは実にポップですし。

もちろん殻らの代名詞である一大絵巻物的な大作Hもラストにドーンと控えてます。実にバランスの取れた聴き易いアルバムです。

なかなか好きな人以外は取っつきにくいバンドではありますが、本作あたりから聴いてみればすんなりと入ってイケるんじゃないでしょうか?






宜しければワンクリックを ↓

にほんブログ村


5位〜1位は、Part2に続く


posted by ハムバッカー at 12:53| Comment(0) | 年間ベストアルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

追悼 MALCOLM YOUNG

2017年11月18日、AC/DC のマルコム・ヤングが亡くなったと発表されました。享年64歳。

2014年に認知症を患い、その後バンドから離れていたのですが。何とも悲しいニュースです。

デビュー当時からGretschを愛用し、決してステージでも目立つこともなく後方で黙々とリズムを刻む姿が印象的でした。

しかし、同胞のミュージシャン達からは「AC/DC で一番凄いのは、あのリズムギターだ。」と称賛されていたのは事実であり、あのGood Rock 'n Roll のノリを支えていた彼のドライヴ感満載のリフ・ワークはバンド・サウンドの要だったと思います。

彼の死を受けても、バンドは前進して行くのです。人生は辛いですね。R.I.P.



9689c69c.jpg


宜しければワンクリックを ↓

にほんブログ村




posted by ハムバッカー at 23:00| Comment(2) | RIP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする